スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

平和などうぶつ王国でもあったGULF STATION

2007/06/30 23:11 

水不足にあえいでいたはずのメルボルン。ここのところまるで日本の梅雨のように雨が続いています。
天気の悪いのに加え先日行った喘息検査がキョーレツでしばらく後遺症にもがいていて、PCに向かう気にもなかなかなれなくてサボってましたが、癒し系の動物たちをUPして自分を鼓舞しようと試みております。。。

GULF STATIONネタ、引きずってますが今回が最後。
そう、表題の通り、動物天国であったのです。

まず、シュレック2のPUSSを彷彿とさせるねこたんから☆




にほんブログ村 ラサアプソ
>> ReadMore
スポンサーサイト

テーマ : 植物の写真 - ジャンル : 写真

Short trips in VICComment(18)Trackback(0) | Top ▲

GULFな理由

2007/06/21 21:28 

先日GULF STATIONの事を書きましたが、今日はうちの外側の写真をまた、例によってたくさんです。


この湖のような池のようなところが、GULFの正体です。
200年近く前は、慢性水不足の今と違って、もっと大きな湖だったのでしょう。
ここに霧がかかり、湾岸のような景色に見えたようです。

にほんブログ村 ラサアプソ
>> ReadMore

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

Short trips in VICComment(10)Trackback(0) | Top ▲

最近の物騒

2007/06/20 09:53 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Private memo | Top ▲

MAC登場

2007/06/17 16:33 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Private memo | Top ▲

今日は霜が降りていた&バトンなど

2007/06/14 17:56 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Private memo | Top ▲

1850年代の住宅 - GULF STATION -

2007/06/12 09:06 

先日は住宅展示場の記事にたくさん反応をいただきありがとうございました♪
残念ながら最近新しいところには行ってないんですが、今回は昔の住宅の写真をひとつ。。。というかたくさん、撮ってきたのでそれをUPすることにします。




メルボルンの北東に広がるワインの産地として有名なヤラ・バレー。その中の町のひとつにYARRA GLENがあります。
GULF STATIONはビクトリア州で一番完全な形で残された最古の居住地です。
STATIONというのは鉄道の駅でなく、ここオーストラリアでは駐屯地、という意味から発達して牧場、という言った意味合いを持つそうです。
また、湾岸という意味のGULF、こちらは海沿いではありません。ここにある湖に霧がよく立ちこめて、湾岸のような趣であったためGULFと呼ばれたそうです。




入植が本格的に行われ始めた1850年代に立てられた住宅の一角が事務所になっています。↑
(またまた写真がたくさん出てきます)

にほんブログ村 ラサアプソ
>> ReadMore

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

Short trips in VICComment(10)Trackback(0) | Top ▲

モーニングトン半島の週末

2007/06/09 22:05 

27MAY-22.jpg


PC事件の前の週末、モーニングトン半島へ行ってまいりました。

にほんブログ村 ラサアプソ
>> ReadMore

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

Short trips in VICComment(6)Trackback(0) | Top ▲

奇跡が起こった~~

2007/06/03 22:44 

皆様、先日はPCの件で、ご心配いただいたり、あたたかいお言葉ありがとうございました。

あのあとしばらくドヨーんとした日々が続きましたが、私の愛機は、ベッドルームのサイドテーブルに、遺影のように飾られておりましたのです。

数人のIT業界で働く知人にも相談したのですが、まずもう本体は諦めること、ハードディスクのデータは取り出すことが出来るかもしれないけど、日本語OSのPCが安く手に入れば、復元できるよ、と言ってくれていたのです。

まあ、中古にしろ出費が続いた今日この頃、すぐには動けないと静観していたのですが、フロッピーが使えたのはこの愛機だけで、学校の課題(フロッピーにセーブしてた)も開けない。。。片腕をもぎ取られたような日々でした。

そんな中、ここにもコメントを下さるご近所のねこさんのご主人(やはりIT関係)が、ちょっと見てみましょうか、と言ってくださったのです。いや、正しくは買い換えるとしたらQPが使っているものが調子が悪く、システムの再インストールの必要性が高まっていることから、この際彼に新しい(と言っても激安)PCを買い、わたしが彼のお下がりに日本語のOSを入れて使う、という計画を立てていたので、その購入予定のPCのスペックを見ていただいて、ご意見を伺おう、と言うことになりました。そのついでに壊れちゃった愛機のハードディスクの調子を見てもらおうと、お忙しい中時間を割いていただいて、いそいそ出かけました。

QPがいろいろご主人の説明を受けている間、ご主人は愛機の裏蓋を開けてハードディスクの様子もチェックしていました。
ハードディスクは大丈夫そうだ、と言うことで、裏蓋を閉め、試しに、と電源を入れてみました。

するとですね、なんと!

電源が入り、懐かしいピーウィー・ハーマンの壁紙が現れたのです!!!

ドライヤーで必死に乾かしてもうんともすんとも言わず、
誰に聞いても100%無理でしょーって言われたけど。。。

奇跡だーーーー
ご主人がネ申に見えましたよ!!!!

もともと武道をされていて静かな温かいオーラがある方なんですが
その日はひれ伏したくなるほど神々しかったであります!!!

この場を借りてお礼申し上げます!今後ねこさんち方面に足を向けては眠れません!!(あんまりいうと照れくさいようなのですが、ゴメンナサイ、言わずにはおれない!)

家に帰って、早速殆どのファイルのバックアップを取り、いつ何があってもいいように、備えは出来ました。

最初CDスロットにCDを入れても読み取れなかったのだけど、何回か出し入れしてるうちに読み取れるようになりました。。。スゴイ生命力(?)

しばらくしてなかった、デフラグとか最適化とか、時間かけてしちゃいました。あー、戻ってきてくれて嬉しい!!!ラブユーマイ愛機♪

今回のことで思ったのが、
いつの間にか、そこにあることのありがたみを忘れちゃうこと。
なくなって、初めてその喪失感をずっしり感じる。
PCも、QPも、こどもたちも、
そこにいて当たり前って思っちゃいけないんだ。
今回のPC事件は、当たり前のことへの感謝を忘れがちな、私への警鐘だったのかと思います。
身の回りのもの、もっと大事にしよう。

重ねて、ご心配いただいた方たち、お騒がせして申し訳ございませんでした。そしてねこさんとご主人、改めてありがとう☆デス

テーマ : 国際結婚 - ジャンル : 結婚・家庭生活

Melbourne daysComment(20)Trackback(1) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。