スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

緊急外来初体験inオーストラリア②

2007/01/26 20:44 

より続きます。

さて、対アレルギー療法でも、さして症状の改善が見られなかったので、QPの主治医の女医に、私はマイコプラズマではないか?と直訴してみることにした。

今まで私が服用した薬の名前と期間、念のため英語のマイコプラズマの説明のページをプリントアウトして。
企画を飛び込みでプレゼンするくらいの勢いで。

。。。。

しかし、即座に撃沈。

女医「どうしてそう考えるのか聞かせてもらえる?」
私「え、とですね、一日の間で一定の時間に上昇する熱、絶え間ない頭痛、だるさ、何と言っても長引いてる咳です」
女医「こういう症状はね、どういう風にも解釈できるの。(マイコプラズマ)肺炎だと、熱は24時間持続してるはずだわ。しかも抗生物質もずっとこんなに取り続けてるし。この薬も非常にいいお薬よ(ペニシリン系を指差して)。胸の音もきれいだし。」


私。。。(ガーン!私が読んだマイコプラズマの特徴を、彼女は知らない!マイコプラズマっつーのは、突発性発疹のようにモンゴロイド独特のものなのか?)

とりあえず言ってみる「私が知ってるマイコプラズマの特徴は、聴診器で判別できない場合が多く、熱も『一日中高熱が続くことは少なく、一日決まった時間になると発熱を生じ』、『ふだん使用される抗生物質が効かない』ということですが。。。なのでマクロライド系の抗生物質を処方してもらえると嬉しいんですけど。」

しかし、やはり「マイコプラズマ(もしくは肺炎)」という概念が彼女の眼中にあまりないらしく、そんなに言うんだったら、新しい薬を処方する前に、一度ちゃんと血液検査とレントゲンを取り直して見ましょう。ということになった。

まあこれについては異論はないが。。。。

マイコプラズマは、『血液検査での診断はさらに困難で、マイコプラズマ肺炎では強い炎症所見が出ないことが特徴になっているくらいです』で、『マイコプラズマ肺炎のレントゲンは磨りガラスにたとえられる薄い影が特徴とされますが、むしろさまざまな肺炎像を示すことが多く、一般の細菌性肺炎と区別ができないことも多くあります』なので、この病気を知らない医者が見たときに、果たして正しく判定できるのか??


ずーん、と沈んだ。
でも、事を起こさない限り前には進めないので、気が進まぬまま血を抜いてもらいに。。。

。。。シリンダー3本も抜きやがって。。。(TェT)

その後、ちょっと離れたところにあるレントゲンのラボに向かい、レントゲンを取ってもらう。

受付を済ませ、待ってると、「ラィョン?」と呼ばれた。それが自分のことと気づくのに数秒かかったが、「ハイっ」とバネ仕掛けの人形のように飛び上がってレントゲンを取ってもらう。前回撮ってもらった時は、院内(ウチの近くの医院)のラボで、技師が日本大好きという人で、ズーっとはなし続けてたが、今回の人は無口だ。それでも、「どうしたの?」とか、「咳はつらいよね」とか、ぼそぼそ話しかけてくる。撮り終わって着替えようとすると、「あ、ちゃんと撮れてるか確認するので、そのままで待機してください」と、着替えの小さな部屋で待たされる。結局OKだったのだけど、最後技師の口調が心なしかよそよそしく感じられた。

通常数日掛かる検査結果だが、急ぎということで出してもらったので、翌日木曜の午前中にFAXで双方の結果が女医のところに送られることになった。

さて、どういう結果になるか。
今は落ち着いて書いているけど、そのときは、なんだか絶望的だった。日本だと、咳が続く時点で、血液検査、レントゲン検査、痰検査、尿検査、あらゆる検査が効率的に行われ、早ければその数時間後に専門医の所見を聞くことが出来るじゃないか。

こっちじゃ、専門医の意見にたどり着くまで、数ヶ月掛かる。重篤な病気にかかったらどうなんだ?専門医のところに回ってきた頃には、手遅れということもあるんじゃ?

自分の体さえ、自分で守れない。
夜、QPと話してて泣けてきた。
何の病名でもいいんだ、とにかく、自分の体が今戦っている相手の正体を知って、その正しい対策がしたいだけ、早く良くなりたいだけなんだ!って。
毎回毎回、病院に行くの、今日は事態が改善されますように、って祈りながらいく、なのに、いつも同じ場所で堂々巡り。
生理も始まってたから余計感情的になってたのかもしれない。
鼻水と涙で顔をぐちゃぐちゃにした私を、QPは黙って抱き寄せて、「僕も、君に早く良くなって欲しいよ」と言い、彼も涙を流してた。

次の日のお昼過ぎ、女医から電話が掛かってきた。
③に続きます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : マイコプラズマ

Sick in MelbourneComment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

ほんま、こっちの病院のかかりかたって面倒くさい!日本のように自分で専門医選べたらええのに。
レントゲンだって違うところやし。
先週私もレントゲン撮ったわ。同じところだったり?(笑)
こっちは自分でレントゲン写真管理だし気にらなきゃそれもってセカンドオピニオンだーー!

腕が治ってよかったけどまだ首と背中おかしいワタクシでした。
お互い健康になれますように!


No:662 2007/01/28 00:27 | ふぢ #QutKSj/2URL[ 編集 ]

@ふぢさん♪

レントゲン、同じトコかな?(笑)
ウチは、最初は院内のラボだったんですが、この前はNランドSCにあるトコ(笑)
レントゲン、おっきいから収納に邪魔だけど、日本みたいに病院違えるたびに撮りなおすってのがなくていいですね☆
首と背中、辛いっスヨネ。うん、お互い早く健康に戻れるといいッス♪


No:663 2007/01/28 15:34 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。