スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

緊急外来初体験inオーストラリア③

2007/01/28 14:30 

の続きです。

さて、お昼をちょうど回ったころ、こちらから電話を入れる前に、女医より電話が掛かってきた。
どうやら、X線も血液検査も、尋常でない結果が出たらしい(なので昨日X線技師がよそよそしくなったのかしらん)。
翌日がオストラリア・ディで祭日のため、月曜になっちゃうかもしれないがとにかく緊急でホスピタル(クリニックと違って、入院施設のある病院)に掛かって検査してもらったほうがいいと言う内容。
プライベート保険は入っているかと聞かれる。先日加入したが、確か何ヶ月かウェィティング・ピリオドがあったはず。私は良く知らなかったので、仕事中のQPに連絡して女医に折り返してもらう。


10分もしないうちに、QPから連絡があり、今から病院に行くから用意して、と言う。仕事は早退の了解をとったらしい。こちらは、奥さんの病気や子どもの病気でも、ちゃんと休んだり、早退できたりするので、こんなとき便利だ。
今までの個人病院と違い、大きな病院に行くので、検査もどれくらい掛かるかわからないということで、近所の知り合いに子どもを預けに行く。たぶん子どもだけでも留守番は出来るが、子供同士遊ばせてもらってたほうが待たせるのも気が楽だ。ホントに助かる。念のためと言い、QPは軽く泊まりの用意もするようにという。え”~~泊まりになったらヤだな。

女医のところで紹介状と血液検査の結果を、X線のラボからレントゲンを引き取り、いざ「緊急外来」に!

日本にいたとき、救急外来と言えば、もっぱら日赤、済生会、慈恵といった病院に掛かってたが、いずれも都心にあることから、必ずと言っていいほど待っている間に事故で運び込まれる人がいた。病気の人たちはいくら熱があって具合が悪くても、事故優先なので結構待たされることになる。

それに比べ、こちらは静かだ。緊急外来受付で、紹介状を見せ、受診を勧められたことを告げる。メディケアカードを提示し、名前、生年月日、住所、電話番号を告げ、係の女性がカルテに書き込む。待合室で名前を呼ばれるまで座って待つようにとのことだ。まだ普通の医院も診察時間中ということもあるのか、そう混むこともなく、30分も待つと名前を呼ばれた。

入り口近くにあるドアから中に入ると、銀行のようにガラスの仕切りのある窓口があり、そこで係の人に病状と、ここに来たきっかけを聞かれる。再度紹介状を出し、説明する。彼女はそれをPCにインプットしながら、さらに簡単な病状についての質問をし、PCに書き込んでいく。その間私は血圧計を渡され、血圧を測り血中酸素を測る機械を指に嵌める。
短いインタビューが終わると、ドクターの準備が出来るまで再度外の待合室で待つよう指示がある。「今日は割と混んでないから、1~2時間で見てもらえると思うわ」とのこと。


実はここはうちから最寄の総合病院ではない。
ウチから車で10分くらいのところに総合病院(Nホスピタル)はあるのだが、そこがすこぶる評判が悪い。以前AMEP(Nホスピタルのすぐ近く)で、カウンシルの職員が移民の行政区に望むことを聞きたいということでコンファレンスが持たれたことがある。私は越してきて間もなくのことだったので、交通機関に対しての不満くらいしかなかったが、一番多い意見がこの病院について。圧倒的に職員の数が足りず、サービスが出来ない、というものだった。QPも、以前彼のクライアント(患者さん)の具合が悪いときに救急でNホスピタルに連れて行ったが、入院の許可は下りたもののベッドが見つからず、救急室で一夜を過ごす羽目になって可哀想だった、ということを言っていた。
今私が掛かっているこの病院Aホスピタルは、お正月にグラニィが入院していたところ(あ、その後彼女は奇跡的に回復し、いま別の場所のリハブ・センターに入院中・喜)で、職員や院全体の感じがよかったことで、QPが決めて連れてきてくれた。ウチから車で20分弱、少なくとも今までの職員の対応からはココでよかったと思う。


女性週刊誌を買ってきてもらい、待合室のマガジンをひとしきり読み終わりQPの膝枕でうとうと始めたくらいに名前を呼ばれる。
元気に飛び起きすぎて立ちくらみがした(-_- ;))バカ

その様子がおかしかったのか年配のナース、目が笑っとる。照れ笑いをしながら中に案内してもらう。

幾つもブースが分かれており、白い部屋が眩い。上半身裸になり、ガウンを着てベッドに横たわるよう言われる。
ガウンがしわくちゃなので、QPに、「え~?これ使いマワシじゃあ?」というと、そんなはずはないよ、アイロンがけが間に合わなかったんだろうという返事。ホントか?まいい、着てやろう。

ゆっくり横たわってみると、設備がよく整っているのが分かる。この病院は古いらしいけど、建物はとても新しい。明るく白い部屋に、江口洋介が手袋嵌めながら今にも入ってきそう(何のドラマだよ)

江口洋介の代わりに、眉ピーが入ってきた。ピアスの割にはさわやか系のヨカ男看護士。「僕の名前はマイルスです。ドクター○○が今休憩に行ったのでその間僕がお世話をいたします。あ、寒いですか?」と、膝にかけたシーツを見ていう。「ええ、少し」というと、ちょっと待って、と、ホカホカのブランケットを持ってきてくれる。優しい~。
そしてテキパキと働く。まず左手に血圧測定のベルトを巻かれ、中指に血中酸素の濃度を測るクリップを嵌められる。血圧測定は、その後最後ベッドを離れるまで一定間隔で自動的に測定されていた。右手には、血液検査の針が。昨日3本取られたばかりなのに、また今日もだよ、トホホ 血液検査の後は、他の処置に備えて、針はそのまま。
動きづらい。

マイルス君が去った後、QPとおしゃべりしながらしばらく待ってると、中華系の白衣の女性が覗く。「ラィョン~?あらあなたコリアン?」「いえ、日本人です」「おお、そうよね、definately japaneseだわ(どっちだよ!)私はナースの○○、もうすぐドクターが来るからあと少し待っててね」と言い血圧をチェックしながら待機している。
ドクター来た!インド系女医だ。若い。研修医かな?
病状とココに来たきっかけを聞かれる(何回目だ(-_- ;))
私も彼女も考えうる質問を全部終え、それではレントゲンと血液の検査結果をラボで検証しますので、しばらくここで待っててください、と言われる。
私はダメでもともとと、しつこく、え、素人の私がこんなことを言うのもなんですが、症状がマイコプラズマにとても合致していると思うので、その線もご考慮お願いします、というと、なんと彼女も、「そうですね、肺炎と言うことになると、もっと症状も重篤に成るので、一応考慮に入れますが、可能性は低いかもしれませんね」
なにお~~
でも、彼女で解決できなければ、スペシャリストのところに行くことは決定なので、まあいいか。

彼女がレントゲン(昨日のものと数ヶ月前に取ったもの)を手に、ラボに消えていくと同時に、QPが時間を確認し、6時近くであることが判明!あ、こどもたちを迎えに行かなくちゃ!
携帯の電源切っていたからすっかり時間が分からなかった。
QP急いで彼らを迎えに行く。



そしてぽつねんと待つこと約2時間。その間、隣のブースで軽いうめき声とか聞こえる。私もずっと頭が痛いけど、もっと苦しい人たちもいっぱいいるんだよね。背中が痛くなってきたので動きたいけど、右手の針と左手の血圧計とで、あまり身動きが取れない。
寝ようと思っても寝れない。
QPでも先生でもいいから、誰か来て~~と願い続けてしばらくして、インド系の女医が入ってきた。
血液検査から、感染症ではないと言う診断がおりたが(だからー、マイコプラズマ肺炎では血液検査で強い炎症所見が出ないことが特徴でー;;)、レントゲンの結果で、右の中肺葉に崩壊lobe collapseが見られると言うことだった。無気肺?
とにかく、専門医に見てもらうことが肝要であるということと、その前に胸部のCTスキャンを受けることになる。

QPがいない間に説明を受け、さあ診療が終了です、と言うことになったので、ああ、電話しないとナ、と思っていると、先ほどの中華系ナースさんが来て、注射針他私に繋がってたもの全部外してくれ、「ご主人はいつ戻って来られるの?」「さあ、こどもを迎えに行ったので、間もなく戻ると思いますけど」「じゃあ、病院から電話しなさい、こちらよ」、と、受付の電話を貸してくれる。親切~~

程なく電話がつながり、QPは子供たちと食事中だったことが判明。救急の待合室で待ち合わせをして外に出ると、さすが夕方だけあって混んでいる。30分ほど待ち、咳止めのシロップ(いまさら?)の処方箋をもらったので途中の薬局で受け取り、おなかが猛烈に空いていた私は元気寿司で海鮮ラーメンを買い(劇マズ・インスタントラーメンじゃん!)やっとウチにたどり着いたのは9時近く。
2日続けての採血とながーい待機時間でもうグッタリ。
その日はそそくさと床に就きました。。。

-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*----

んで、舞妓プラズマ。
誰に言っても取り合ってもらえなかったんですが、一応英語のページなど見てみると、どれも、日本のページのように親切に、微に入り細に入り説明しているページがありません。
インターネットの情報だけで云々も危険な話なんですが、ココオーストラリアでのこの病気の認識は、この程度であると。んで、ココオーストラリアの病院で処方された薬なり療法なりが、私に効かなかったことを踏まえて、


実はワタクシ、

自己責任で(よい子の皆さんは決して真似しないで下さいね!)


クラリス(マクロライド系抗生物質)をQPの主治医に(マイコプラズマのことを)相談する前日から


飲んでましたー。


そして、咳が徐々に良くなってます!
夕べは一度も夜中に起きませんでした。
夕方の発熱も収まっております。

まだ、無理すると疲れるので、一日だらだら過ごしてますが、
すこぶる調子がいいのです!!


この調子だと、スペシャリストの診察を受ける前に、全快するかもしれません。(希望的憶測)

まあ、私の肺胞が一部潰れているということですし、なんか重篤な病気、たとえば肺がんとか、そういう可能性もあるのかもしれません。

でも現在、快方に向かっている気がするのは、とっても嬉しいのです!

やっぱ、自分の体は自分で守らないとな、と真剣に思いました。
こどももいるし、余計です。
あと一週間くらい、薬はあるけど、それ以降はありません。
もしそれ以前に治癒しないと、何とかどこかのドクターに頼み込んで処方してもらうしかないですな。

何とか気力で治したいと思います~☆
早く、メルボルンの町を、マスク無しで走り回りたいもんです。

心配していただいた皆様、ごらんのようにいささか乱暴な治療ではありましたが、何とか落ち着いてきています。
お気遣い、ありがとうございました!
また、CTスキャン、スペシャリストと、体験後にご報告したいと思います



P.S.
徒労に終わったお泊りセットですが、うちに帰って荷物を解いてると、QPが私の知らないうちに、以前夜勤のときに私が寂しくないようにと買ってくれたカバのぬいぐるみを、こっそり荷物に滑り込ませてました。ったく小学生じゃ(以下自粛・コホン)
なんてSWEETなダーリンざんしょ!!
ダイスキよん♪(苦笑)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

Sick in MelbourneComment(25)Trackback(0) | Top ▲

コメント

りおんさん、大変でしたね。
でもちゃんと自分で病名を調べて、治療法も調べるなんてすごい!!
はやく良くなると良いですね。


No:664 2007/01/28 17:11 | つばさ #-URL編集 ]

@つばさちゃん♪

ありがとうございます☆
もうだいぶ咳も良くなって、本人直った気になってますけど、こういうときにいつも調子に乗ってぶり返すので気をつけますv-356


No:665 2007/01/28 18:42 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

えええ???

結局、お医者様からはちゃんとした病名が明かされず、
ご自身の判断で薬を処方して、飲んでいた?!
ひーーーん、症状はよくなったとはいえ、心配ですね。
重大な病気ではありませんように・・・

うちのだんなも入院セットの中に必ずぬいぐるみを入れます。
恥ずかしくてたまりませんが、とりあえず一緒に寝ると安心します。爆

くれぐれも、無理しないでくださいね!!!


No:666 2007/01/28 18:51 | JOSEPHINE #-URL[ 編集 ]

@JOSEPHINEたん♪

そーなの、詳しい診断結果は、スペシャリストの面談以降に分かるから、2週間以上掛かるわねー。
のんびりでしょ?

あいた!JOSEたんところもかい!(笑)
今度、ご対面させましょうv-291
つうか、VOLTEX~~~~~(涙


No:667 2007/01/28 20:10 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

オーノ~、りおんさんが心配です。
この緊急事態に結果に2週間もかかるなんて!
くれぐれも無理は禁物ですよ。お大事に。


No:668 2007/01/28 22:53 | hana #-URL編集 ]

りおんちゃん・・・
ちょっと忙しくしてたあいだにそんな大変なことに!!!
(まとめて読ませてもらったよ、ゴメンナサイ!)

大事じゃないことを願って・・・
本当に体、ゆっくりと休めてね。

しかし QP くん、頼りになる~~~e-399


No:669 2007/01/29 01:13 | KiKi #JkKHpHngURL編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:670 2007/01/29 07:20 | #[ 編集 ]

私も何回か、こちらの総合病院(Public)の緊急のお世話になりました。
こちらのGP、総合病院とも、日本とは比べ物にならないくらい、Slowly・・・。

去年、頭痛が2-3ヶ月続いて、ついに言語障害っぽいのが出たので、総合病院にいきました。
「待ち時間が長い!!」
病棟に入ってからも長い・・・。
なかなか、Drがこない!!

いつも注射をする時に、なかなか血管に入らなくて、看護婦さん泣かせの私の腕・・・。こちらでも、健在でした


No:671 2007/01/29 08:21 | ゆりだん #-URL編集 ]

コメントありがとうございます~~☆

@hanaしゃん♪
ありがちょー。家事もサボりながらゆっくりやってマス。AUSのスペシャリストの見解を聞くのも楽しみです!
2週間、長いケド(・へ・)

@KiKiちゃん♪
KiKiちゃんもそろそろ、色々忙しくなるんだよね、来てくれてアリガト~~(TдT)
休養は、しっかり取りますね。
QPも、色々彼なりに考えて頑張ってくれてマス☆
ありがたいv-353
KiKiちゃんも忙しそうだけど、無理しないで、stay happy :)

@秘密のコメントさん♪
んも~~ いつも泣かせる、ありがとちゃんです!
またご連絡しますネ☆

@ゆりだんさん♪
>ついに言語障害っぽいのが出た
だ、大丈夫ですか?
こんなときほど、待ち時間がつらいときはないよね。一刻を争うんでないかと思うけど。。
今は大丈夫そうでよかった。ホッ
こどもがいると、おちおち病気にもなれませんよね( >Д<;)


No:672 2007/01/29 10:07 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

りおんさん、たいへんでしたネ、、、
あ、そうそう、前のコメントの時にてっきり勘違いをしてしまっていましたが、りおんさんはまだマイコプラズマと診断されたワケではないんですよネ、、、失礼しましタ...(汗)
お詫びに?コメントで受けた催促?に応えておきましタ(笑)。

私がマイコプラズマと診断された時は、ちょうど日本へ一時帰国している時だったので、大学病院で血液検査とレントゲンとあわせて診てもらいましたが、待ち時間をあわせても3時間半程度でした。待ち時間がながいとグッタリですよネ。
今はゆっくり安静にして休んでください。はやく良くなりますように...


No:673 2007/01/29 13:49 | haraharaman #H/QG1wVAURL編集 ]

おおお、催促、お答え頂き恐縮デス
なるほど、やはり、日本だと、かなりテキパキと物事が進む様子。
う~む、こんなとき(と日本食を考えたとき)やっぱり日本は良かったなと思いますナ。とにかく専門家の意見が聞けるまで無茶は(苦笑)しないでおこうと思います。
ありがとうございました、thnx a mille!とか言ってみる(笑)


No:674 2007/01/29 17:07 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

お久しぶりです、こんにちは。

新年そうそう、大変ですね・・・

私も、よく病院いきますが、緊急の時は、待たされるのと、寒いのとがつらかったです。

早くよくなりますように。


No:678 2007/01/30 16:55 | けだま #mQop/nM.URL編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:679 2007/01/30 17:16 | #[ 編集 ]

@けだまさま♪お帰りなさい!日本はどうでしたか?
けだまさんといえば、運転の練習はしてますか?
私は、暑かったり体調が思わしくなかったりで、練習たった3回で頓挫しておりマスv-356
早く良くなって、ブンブン乗り回したい(無理)モノです♪

@秘密のコメント様♪
ふえ~~ん、後から駆けつけまする!
知らせてくれて、ありがとう!!


No:681 2007/01/30 20:55 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

ちょっと来ない間に大変なことになってたんだね もうだいぶいいのかな?
しかしさ、異国で病気ってのが一番ナーバスにならんかい?
りおんさんはその点しっかりしてるみたいだけど、私だったらもうパニックで日本に帰国しちゃうよ
英語もままならないから 症状も話せないだろうしさ~ はぁ~ほんと医療的な英語って難しいんだもの

とにかく、よくなってくれると祈ってるからね!!
カバちゃんのぬいぐるみ。。。。。
やっさしいなぁ~ 


No:682 2007/01/30 21:03 | 花 #-URL編集 ]

@花しゃん♪
異国で病気、タカをくくってたからひどくなっちゃったかな?
しっかりしてないない、QPいなかったらアワアワだよ、既往症とか聞かれても病名分からんからちんぷんかんぷん。
症状の説明もボキャブラリー少ないし。
優しいお言葉、アリガトね!!


No:686 2007/01/31 14:45 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

まだ一度も乗っておりません・・・・
免許とってすぐに日本に帰ったもので。

でも、今週末くらいにLプレート買って、練習しようかなって思ってます。

うちの車、マニュアルなんで、緊張です。

お互いに、ブンブン乗り回せるように頑張りましょうね!!


No:690 2007/01/31 20:22 | けだま #mQop/nM.URL編集 ]

@けだまさま♪
おお!!
わたしもオートマ車を買ったのに、相方の車がマニュアルであるためと、ヨーロッパではオートマ車を見つけるのが困難という理由から(私が将来どんだけヨーロッパで運転するチャンスがあるかはなはだ疑問なんですが。。汗) マニュアル免許の取得を命じられ、ギアチェンジに髪の毛逆立ってます!
一年後くらいには、ちゃんと平常心で路上で一人で運転出来てることを願っておりマス。。


No:692 2007/01/31 20:37 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

お久しぶりです!
いっつも読んでるんだけど、りおんさんのとこにコメ残そうとしたらいつもキュウに邪魔されるタイミングの悪いあたし。。。
今はだびちゃんがNARUTO観ながら抱っこしてるので来ちゃいましたっ!

てか大丈夫ですか???
2週間後(あと1週間かな?)が気になりますね。。。
あたしも日本の実家にいたころは、具合悪くなったら家庭の医学とか見てましたwたいがい外れてましたが。

とにかく、大きな病気でないことを祈ってます。
そしてきっちり治ればいいですね!

あああ旦那がキュウを寝かせるために来てしまったー。

ばたばたしててごめんなさい!
それではそれでは。いつも見守ってますので~(笑)!!!


No:705 2007/02/04 06:09 | プチ #-URL編集 ]

@プチしゃん♪おおお~~~忙しいのにアリガト~v-351
ナニ、あのハンサムなダンナ君が困って来てしまったのに、コメント残してくれて嬉しいよ!
CTスキャン後なしのつぶてなんだが、大丈夫なのか?
症状は安定しているので、多分大丈夫だと思うのだけど、せっかく専門家に見てもらうのに、完治してたらマズイんではないか?と思うけど、そのときはそのときでネタにさせてもらうとして(笑)
見守ってくれてアリガトねー♪
私も、プチしゃんご一家のお幸せ、地球の下のほうからお祈りビーム出してるからね!v-290


No:707 2007/02/04 20:31 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

はじめまして りおんさんのように、突然咳が止まらなくなり、あせってGPに行き、咳喘息の薬をくださいと頼んだのですが、咳喘息の概念がないらしく、もろに喘息の薬をもらいました。

使っても全く効果なく、日本帰国を目の前に控えてひたので、救急病院にかけつけ、なんとか飛行機に乗れるように、治る薬をくれと頼んだところ、君は喘息じゃなくウイルス性感染症だから、9日分のステロイドを飲めば治るよ、と言われ、やったー!、と思いつつルンルンで帰りました。

でも、飲み始めたものの、良くなるどころか、今までに経験したことのない副作用に襲われ、命からがら日本へ帰国。症状はひどくなり、お医者さんに薬を見せると、その服用量の多さにびっくりされました。しかも、診断ミス。

オーストラリアンサイズだそうです。結局、マイコプラズマだってことが血液検査ですぐ分かり、クラリスをもらって、ただ今改善に向かってます。マイコプラズマだと血液検査で、すぐマイコプラズマ菌の反応が出るみたいです。あと、すぐ治る病気、心配ないよと言われほっとしました。もし、リオンさんも、マイコプラズマだとすれば、きっと心配はないのでしょうか。クラリスが特効薬だそうですよ。

私は、今回でもメルボルンでの病院体験で、りおんさんと同じように、なかなか事が思うように進まない経験をして、日本だったら簡単に進むのにな、と悲しくなったりします。
でも、きっといいお医者さんに会えれば問題ないのかな? と期待したりもしています。日本語の通じるお医者さんに行って紹介してもらうのもいいかもしれませんね。

なんだか、うまくまとまりませんが、お体お大事になさってください。

それではまた。

T.K.


No:855 2007/03/17 02:04 | T.K. #-URL[ 編集 ]

はじめまして メルボルン在住のT.K.といいます。去年の7月、結婚を機に越してきました。りおんさんの日記を見て、ひとごととは思えず、コメントさせていただきます。

私も、先々月、りおんさんのように、突然咳が止まらなくなり、あせってGPに行き、咳喘息の薬をくださいと頼んだのですが、咳喘息の概念がないらしく、もろに喘息の薬をもらいました。

使っても全く効果なく、日本帰国を目の前に控えてひたので、救急病院にかけつけ、なんとか飛行機に乗れるように、治る薬をくれと頼んだところ、君は喘息じゃなくウイルス性感染症だから、9日分のステロイドを飲めば治るよ、と言われ、やったー!、と思いつつルンルンで帰りました。

でも、飲み始めたものの、良くなるどころか、今までに経験したことのない副作用に襲われ、命からがら日本へ帰国。症状はひどくなり、お医者さんに薬を見せると、その服用量の多さにびっくりされました。しかも、診断ミス。

オーストラリアンサイズだそうです。結局、マイコプラズマだってことが血液検査ですぐ分かり、クラリスをもらって、ただ今改善に向かってます。マイコプラズマだと血液検査で、すぐマイコプラズマ菌の反応が出るみたいです。あと、すぐ治る病気、心配ないよと言われほっとしました。もし、リオンさんも、マイコプラズマだとすれば、きっと心配はないのでしょうか。クラリスが特効薬だそうですよ。

私は、今回でもメルボルンでの病院体験で、りおんさんと同じように、なかなか事が思うように進まない経験をして、日本だったら簡単に進むのにな、と悲しくなったりします。
でも、きっといいお医者さんに会えれば問題ないのかな? と期待したりもしています。日本語の通じるお医者さんに行って紹介してもらうのもいいかもしれませんね。

なんだか、うまくまとまりませんが、お体お大事になさってください。

それではまた。

T.K.


No:856 2007/03/17 02:11 | T.K. #-URL[ 編集 ]

@T.K.さん♪
はじめまして!コメントありがとうございます。
T.K.さんも咳で大変な目に会われたんですね…
私は、何回抗生物質を飲んでも咳が収まらなかったので、今までもらった薬を全部調べて、なおかつインターネットで「咳の出る病気」を検索したのです。
そうすると、薬暦と病状を照らし合わせて、マイコプラズマではないか、むしろそうあってほしい、位の気持ちで、たまたま手元にあったクラリスを飲みました。
そうすると、目に見えて咳が収まったのです。
もちろん主治医のGPや、救急病院の先生にもマイコプラズマでは?と主張しましたが、あまり取り合ってもらえませんでした。
それで英語のサイトを調べても、日本のマイコプラズマ情報に比べ、どこもずいぶん大雑把にかかれていました。なので、日本のほうがマイコプラズマという概念が発達しているのかなと考えてもみたり。
あと、私も一度えらい大きな錠剤を処方され、薬の量に疑問を抱いて以来、必ず日本の薬サイトで、類似する薬(日本と豪では薬のメーカー・名称が違う)の平均的な処方量を確認してから飲むようになりました。
よかったらT.K.さんも今後のご参考になさってください!
http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html
お互い健康第一、診断ミスはなってはならないと思いますが、日本だったら絶対に誤診はないのかというとそうでもないので、おかしいな、と思ったらしつこいくらい主張して納得できるまで説明してもらうことが大切だと思いました。
大変だけど、これもオーストラリアで生活していく上で乗り越えなくてはいけない大課題。お互いがんばりましょうね!!!


No:859 2007/03/18 21:01 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

すばらしいサイトを教えてくださって、ありがとうございます!
これさえあれば、少なくても服用量は自分で管理できそうですね。
自己管理、、、。私の苦手な分野です。メルボルンに来てみて、なぜ、皆ジョギングやスポーツにいそしむのか分かる気がします。健康も自己管理ってことなのですね。自分自身が医者であり、薬剤師でなければならないのですね、きっと。
ときどき、ほんとにつらくなります。壁は乗り越えられる人の前にしか来ない! と言い聞かせなんとか乗り切りたいものです。
お互いがんばりましょう!
お返事ありがとうございます。


No:865 2007/03/20 02:14 | T.K. #-URL[ 編集 ]

@T.K.さん♪
お返事が遅くなってゴメンナサイね!
T.K.さんも同じくらいの時期にメルボルンに同じ理由で来られたのですね☆
私もかなりめげそうになりました。。。良かったら右のメールフォームからメールください!
お互い励まし合いましょう♪


No:869 2007/04/03 08:51 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。