スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

気管支鏡検査をオーストラリアで受ける②

2007/02/18 19:32 

昨日の続きです。


さて白いガウンを着たワタシ、QPに「まるでワタシ患者みたいね」と言うと、うん、君は今患者なんだよ、と諭される。
というのも、最初の待合で、患者にホット・ドリンクをサービスして歩いてるヤクルトのおばちゃんみたいな人がいて、朝から断食でおなかが鳴り捲っていた私が「いいなー、私も欲しいなー」とよだれをたらしてたところQPが「きっとこれはね、(入院)患者のためのサービスなんだよ」って言ったことを踏まえてるんだけどさ、まあテストが終わってない今、いずれにしろまだ飲み食いは出来ないんだわ。

このカッコでヤクルト風おばちゃんの前に立ちドリンクをサービスされる妄想を頭の中で激しく描いているうちに、私のところにもナースが来た。

とてもてきぱきと検査の流れを一通り説明したあとQPに向かって聞く
「あなた恋人、ご主人、友人、兄弟、父親、息子?ほら今いろんなパターンがあるから一応全部聞かないとね」と笑わせる。

その後別のナース(男)が来てまた手の甲に注射用の針をさす。
緊急で来たときのマイルス君は上手かったのだけど、今回のジョン君、「細いですねー」といいながら、手の甲、しかも中指の根元の関節のすぐ下に注射針を刺すから痛くて痛くて!!もっとさ、あるやん痛くなさそうなとこ

リチャードがテストを受けにベッドごと移動されていったあと、時間つぶしに饒舌なナースが置いていったBronchoscopyの手引きを読んでみる。
気管に内視鏡を挿入するため、局部麻酔が施術される。そのため、24時間は安静に。。。って、今日は夜、イベントでプレスとして写真を撮らないといけない日なのだ!動き回らなきゃいけないのだが、体力持つかな。。。一挙に不安が押し寄せる。


おなかは空いたままだし、時間だけが過ぎる。ナースの説明によると、検査の後2時間ほど安静にした後、軽食を取って異常なく食べられるかのチェックの後ようやく開放になるらしい。
もう一時半だし、今から急に物事がサクサク進んだとしても4時。迎えが無理だと判明した時点でQPが学校にTEL,その旨こどもたちに伝言してもらう。「自分たちでバスで帰るよう」。。。大丈夫かな?
昨日自分たちで試しに帰らせたので、多分大丈夫。



隣に咳き込みながらリチャードがベッドごと戻ってくる。
何だかちゃんと喋ってる。ちゃんと喋れるんだ。ふーん、

となにやらそわそわしながら落ち着かないでいると、運搬係(?)の筋肉系ナースが「これから移動しますよ」と言って、ベッドの脇の柵をセットし、ガラガラと私のベッドを引っ張っていく。おー、なんか患者って実感と動いていく天井を見ながら思う。

手術室 のようなところに着くと、そこはモニターがたくさん並び、レトロな古い棚と好対照を成す。年配のナースが手馴れた手つきで私の手の甲の注射針にシリンダーを差し込み何種類かの注射をする。
この中にたぶん麻酔も入っているとみえだんだん頭が飛んでいく感じ。
口に酸素チューブを挟まれ、眠る直前のようなぼんやりした感覚の中、ドクターが管を喉に入れるのを感じる

管の先が、胃の裏の辺りまで感じるのは不思議な感覚だ。
そこで中の様子を見つつ、細胞のサンプルを取るらしい。
管が動くたび、患部が刺激されるとみえ咳がとまらない。
こんなに咳き込んで中で気管を傷つけたりしないのかと不安になりながら、早く終われと願い続ける。
説明では15分ということだったけど、咳で苦しいので当然それより長く感じる。
咳で鼻水と涙が顔をくしゃくしゃにする頃、やっと管から開放された。

それまで口にくわえてた酸素チューブを鼻にはめられ(汚くないんですかね)
またガラガラとQPが待つ病室に運ばれる。

しばらくは麻酔が取れなくて、気分はどうかと尋ねるQPにろくに返事も出来なかった。
時を置いてようやく口を開く気になると、声がガラガラ。
半日くらいで回復したけど、しばらく喉の奥が落ち着かない感じが続いた。

今はとにかく休んだほうがいいというQPの言葉で、しばらく目を閉じるが、眠ったのか麻酔の続きなのかはっきりしないまま1時間くらい過ごした。

そうするうち、リチャードのところに、軽食が運ばれてくる。
においはしないが、隣の食べてる気配だけで私のおなかが刺激され、カワイイ音を立てて鳴るのよ、コレが(笑)

そしてリチャードが食べ終え、異常もなく帰り支度をする頃、私にも待望の軽食が!!
お願いしていたミルク・ティーとともに運ばれてきた
↓コレ





私に付き合って昼食抜きだったQPと分かち合い、おいしくいただいた。
食後、特に異常もなく、帰宅のお許しが出たので時計を見るともう4時半だった。。。

着替えて外に出る頃は外来患者はもう私たちだけ、と言う状況で、先生が結果について簡単に説明してくれたが,何も深刻な状況は見つからなかったそうだ。
もちろん本日採取したサンプルの分析結果を見るまでに結論は出せないが、少なくともガンとか、そういう類のものではないらしい。

ほっとするのと同時に、あんだけ大変な検査で何もないというのも盛り上がりに欠ける?とりあえず咳の原因だけ来週の木曜日の診察日に解明されるといいな。

帰りはまだ脱力感90%だったため、QPがスシを買ってくれた。
ボーイズも無事自力で帰宅できていて、まずは一安心。




。。。そしてちなみに、安静にするようにといわれたその夜、私は根性でそのイベントに行ったけど、写真はヘロヘロだった
写真を確認した瞬間、もっと脱力して、次の日は一日何も出来なかった-----昨日のブログ以外はね♪

ま、何はともあれ、悪性のものが何も見つからなかっただけでも、いい週末だった、と思うようにしよう

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国際結婚 - ジャンル : 結婚・家庭生活

タグ : 気管支鏡検査

Sick in MelbourneComment(10)Trackback(0) | Top ▲

コメント

りおんさん、お疲れ様でした。
大変な検査でしたね。でも、とりあえず、悪性のものがなくて安心できましたね。良かった良かった。
お大事に。


No:771 2007/02/19 00:01 | hana #-URL編集 ]

@hanaサン♪
ありがとうございます!うん、悪性のものでなく良かったと思います!
hanaサンもそうだろうと思うけど、子供がまだ小さいうちはおちおち病気になっていられませんよね☆まずは一安心デスv-221


No:772 2007/02/19 06:13 | りおん #-URL[ 編集 ]

お疲れさまでした。
悪性のものは見つからなかったということで、一安心ですね。
お大事に...


No:773 2007/02/19 06:55 | haraharaman #H/QG1wVAURL編集 ]

おつかれさま~。
大変でしたね。
せきの原因もわかるといいですね。
でも、とりあえずは、悪性のものがないってことで、よかったですね♪


No:774 2007/02/19 11:59 | けだま #mQop/nM.URL編集 ]

管のくだりが辛そうで、読んでて痛くなりました。
咳って本当につらいですものね。
早く結果が出て、適切な治療を行ってもらえますように・・・!


No:775 2007/02/19 12:13 | JOSEPHINE #-URL[ 編集 ]

ご無沙汰してます。
検査の結果、悪性のものではないとわかってホッとしましたね。
これで咳の原因も分かって、適切な治療法が見つかるといいですね。
お大事に。


No:776 2007/02/19 15:18 | sanae #-URL編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:777 2007/02/19 21:44 | #[ 編集 ]

@haraharamanサン♪
やっと昨日辺りから麻酔より回復しました(遅!麻酔じゃないよね・汗)Aちゃんの写真にはいつも癒されてマス~~
ありがとうございます☆

@けだまさん♪
経験して初めて分かる医療システムの違いに戸惑いながらも何とかひと段落つきそうです。。
けだまさんも色々大変なことを乗り越えたんですよね。。
今実感してます。応援ありがとうございます!

@JOSEPHINEたん♪
とりあえず今までのGPより数段頼りになりそうな専門医なので、何かあったら彼女に直談判できるかと思うとそれだけで気が楽になりましたヨン♪
心配してくれてアリガトねv-406

@sanaeさん♪
ありがとうございます!!
sanaeさんも結婚式の前に病気を乗り越えたんですよね。。ホント健康って、病気になって始めて感謝するものです。。。家族のためにも健康でいたいなとつくづく思いましたv-91

@秘密のコメントさん♪
おお、ためになる情報ありがとうございます!!コレは知りませんでした。
例の件(謎)ヨロシクお願いいたします♪


No:778 2007/02/20 07:57 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

お疲れ様でした。
何はとあれ無事生還ですね。以前の日記で続きを心待ちにしてました。システムひとつとっても日本とは違って戸惑いますよね~でも今回のDr。は頼れる感じでほんとよかったです。


No:779 2007/02/20 18:58 | まゆみ #-URL[ 編集 ]

@まゆみさん♪
そうなんです。やっとこう信頼できそうなドクターに会えてよかった!!
まだ診察があるあさってまで安心は出来ないですが(汗)とりあえず、私的にはちょっと落ち着いてきました。
温かいお言葉、ありがとうございます♪


No:780 2007/02/20 20:54 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。