スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

GEELONGで少年野球・トライアスロン観戦

2007/03/05 14:32 

日本行き前最後の日曜日となった昨日は、朝6時起き、6時45分自宅を出発しジーロング(バレンタイン監督のクリニックのあったあの場所)に行くという、長い一日でした。

20070305054433.jpg

ジーロングというのはですね、ロッテのキャンプも開催されたように、オーストラリア内では結構野球の盛んなところです。(といってもそれでもマイナーなんですが)

今回は何をしに行ったかというと、
こいぬ、こざるが所属する野球チームが、トーナメントの4強に選ばれ、決勝戦を戦うチームを決める、大事な戦いがここジーロングで行われたのです。対戦相手は、もちろんジーロング。強豪チームです。

まだ早朝のフリーウェイは、ただひたすら広く単調な道が広がる
geelong1.jpg


やっとジーロングの標識が!って、コレ、個人用?
ターゲットみたいなマークもあって、CODYって、人の名前?
20070305054021.jpg


ジーロングは、ヴィクトリア州でも歴史の古い町。
イギリスっぽい雰囲気の教会が見えます
20070305054105.jpg


カワイイ建物が目を引くけど、車の中からうまく撮れない
20070305054120.jpg


サテこのあと会場に着き、試合開始!
思い起こせば半年前。
3年前にともだちに誘われて始めた野球が、いつの間にかボーイズの一番の楽しみになっていました。
引越しをするに当たっての、一番の関心事は、「野球続けられるかなあ」
この願いを何とかかなえたいと、QPは色々情報集めに奔走してくれました。
ただ、まだ英語がちゃんとできなかったので、コミュニケーションに心配があり、果たして近所に受け入れてくれるチームがあるのだろうか、ただでさえ野球はマイナーなのに。
最悪、見つからなかったら、QPの友人のギリシャ人が、サッカークラブのマネージャーしてるので、そこで受け入れてもらおうか(QPもサッカーだったらコーチできるし)、と色々思案していた矢先。
学校新聞に、12歳未満(U12)の野球チームのメンバー募集が出たのです。へえ、近く(実際は車で10分かかるので、そんな近くでもないが)にチーム、あったんだ!

早速QPが問い合わせてくれて、見学に行くことになりました。
日本のチームでは、中堅どころとして位置してたこいぬ。控えめな性格もあり、目だった活躍はありませんでした。
日本でのクラブの監督は、年配の方で、どちらかというと野村監督(というか奥さん)タイプ?バカだダメだと怒鳴り声を上げるタイプ。
マイルドな性格のこいぬは、萎縮してか? あまり実力を発揮できませんでした。
しかし、こっちに来てみると、監督やコーチは、こどものプレーを見て「素晴らしい」「すごい」と褒めてくれるんです。
確かに、日本のスパルタ野球に比べるとこちらのレベルは少し劣るかもしれません。でも基本的に、「野球をたのしく練習していこう」という姿勢があり、悪い点は具体的にどうしたらいいか指導してくれるし、それが出来ればちゃんと褒めるし、二人はすっかりこちらのチームが気に入ってしまいました。

問題の言葉の点も、監督の「こどもは、学校だけじゃなくスポーツや遊びを通してお互いが交わることで言葉を習得していくと思う。私の父親(チェコ出身)も、幼い頃、こちらに移住してきて、スポーツをはじめてから爆発的に喋れるようになったそうだ。彼らにとってとてもいい機会だと思う。問題はないと思うし、また、うちのチームも、彼らのように優秀な(日本語で言うと面映いですが)少年たちに入ってもらうことは、願ってもないことだよ」という言葉で、背中を押されるように参加させてもらいました。

最初こそ、何を話しかけても首を傾げるだけの二人に、どう接していいのか分からないチームメイトでしたが、練習を重ねるうちに、じゃれあいを始め、仲良くなり、ボーイズも少しづつ、会話が出来るようになり今ではレギュラー9人全員が本当に仲の良い、素晴らしいチームになりました。

そんな中こいぬも「褒めて育てる」コーチのおかげで自信をつけ、ぐんぐん力を伸ばし、ピッチャーという大役をもらい、チームの中心的存在にまでなれたのです。

残念ながら、日本行きのチケットは、このトーナメントのスケジュールが分かる前に買っていたので、来週の決勝戦は、うちの二人は出れないのです。でも、このジーロング戦に勝ちさえすれば、少なくとも準優勝は確実です。

夏季のシーズンは、二人にとってこの試合が最後なので、(こちらでは、夏季と冬季を違うリーグで戦います)みんなと一緒にゲームが出来るのもこの日限りでした。

何とか頑張ってほしい!!
でも、生真面目なこいぬは、プレッシャーに弱いのです。
何とか、このチーム最後の試合を、いい思い出にしてほしい、実はワタシも結構ドキドキでした。。。


最後の試合、
こざるは打順2番、ショート。
こいぬは打順4番、ピッチャー。
コーチの期待が感じられます。

試合前の練習中、名門の相手チームは、「今日の試合は決勝戦のリハーサルみたいなもの」なんて言っていて、こっちのお母さんたちがそれを小耳に挟んで憤慨してます。

そんな中始まった試合、なんとこちらのファインプレーで2点先取、いい幕開きです。審判も、州の野球連盟から来ています。
コーチの一人は、23度の天気予報にジャケットを着ていたのですが、予報に反してだんだん暑くなっても、幸先のいい展開を変えたくなくて(ジンクス)、ずーっと汗だくになりながらジャケットを着たままで声援を送っていました。相手チームのコーチは全員ユニフォーム姿。それに引き換えこっちは暑くてもみんなばらばらのカッコ。UNDERDOGの雰囲気ムンムンです(苦笑)

そんな雰囲気はなんのその、チームもよく声をだして、仲間を応援し、試合はいつしか完全にこっちムード!!
こちらを甘く見ていた相手チームのコーチも面白くないのが手に取るように分かり、だんだんイライラしてきます。そうするともう相手チームのこどもたちもプレッシャーからがたがたと調子を落とし逆効果。こいぬはがんばって、最後まで崩れることなく、完投しました。こざるもヒット2本打ち、ホームベースも4回踏みました!

結局、13対1で、うちのチームがグランド・ファイナルに進むことになったのです!!なんか映画「がんばれベアーズ」みたいなコメディー的展開
ワタシなんか感極まって、目に涙を浮かべてました(馬鹿)。
何を言っても通じない、エイリアンのような二人を暖かく迎え入れてくれて、二人が重要な役に抜擢されても、足を引っ張ることもねたむこともなく、素直に応援してくれて、助けて助け合い、一緒に半年戦った仲間。来週の対戦相手は怪物チームだから、勝つのは無理かもしれないけど、最後まで頑張ってね!!私たちも日本から応援してるよ!!!

勝利に浮かれるこどもたちはその後もしばらくグラウンドで追いかけっこをし、そのままみんなで海沿いまで出てヴィクトリー・ランチを食べることになりました。

おお、やっと海に到着。朝が早かったのでおなかがぐうぐう鳴ってます
20070305054135.jpg


かもめがたむろしてる
20070305054548.jpg


近くによってもぜんぜん逃げない
20070305054603.jpg


妖精?の彫刻
20070305054150.jpg


おお!ココこそわが愛しのレストラン。。。
って言っても、子供が大好きのスモーギーズ(バイキング式ファミレス・写真左)大人にはちょっと物足りない
20070305054221.jpg


大盛り上がりの食事の後は公園でやっぱり遊ぶ。ほんとに仲のいい子供たち
20070305054633.jpg


桟橋でたそがれるかもめ
20070305054350.jpg


桟橋の反対側。。。コレは何?(答えはあとで)
20070305054251.jpg


公園の隣の海沿いの通りでは、トライアスロンの大会が行われてました。
20070305054702.jpg


そう、最初の競技の水泳のためのブイでした
20070305054320.jpg


最後のランニング。みんなつらそう。
20070305062548.jpg


オーストラリア・NZだけじゃなく、スイスとか、アイルランドとか、いろんな国のゼッケンをつけた選手がいました。こどもたちも沿道で応援。(結果
20070305063528.jpg


このあと日本行きの買い物をしに、メルボルンで二番目に大きい?らしいハイポイント・ショッピング・センターに行き、どっぷり疲れて帰ってきました。
しかし、あの勝利の余韻は私たちの中で夜まで続いていて、全員の寝顔に笑みが張り付いていたと思います。
疲れたけど、色んな出来事のつまった思い出深い一日になりました☆

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国際結婚 - ジャンル : 結婚・家庭生活

Baseball in MelbourneComment(12)Trackback(0) | Top ▲

コメント

おっ!名門チーム相手に、じゅ・・13対1ですかっ!
これからは、目をつけられますね。(笑)

それにしても、こいぬ君!完投、よくがんばったね!
相手チームを1点で抑えたなんて、すごいよ~。
ヒーローインタビューがあったら、こいぬ君に間違いなかったね。
こざる君もヒット2本!すごい!
ファイナルのゲームに出られないのは残念だったけど
来シーズンの活躍が楽しみだ!がんばってね!


No:825 2007/03/06 11:44 | ねこ #2sQQXnjAURL[ 編集 ]

いいコーチに出会えてよかったですね。
しかも、大差で勝っちゃうなんて、感動ですねぇ。
なんか、ドラマみたい。言葉の壁を乗り越えて、素敵な出会いがあって、そして、勝利!

geelongいいですよね。海辺が好きです。
targetの看板、targetの一号店がgeelongだから、"our home"ってあるんですよ。
codyってのは、看板の下によくあるから、看板の会社と思います。


No:826 2007/03/06 13:10 | けだま #mQop/nM.URL編集 ]

すごいな~~!
こりゃ、将来左団扇?(・∀・)
ワタクシも褒めて伸びる子なの♪(嘘)
子供によって、伸び方ちゃうもんね。サッチーみたいのだと萎縮してまいそう。

車で10分はもう隣の家くらいな感覚だわよ?( ̄m ̄*)プッ


No:827 2007/03/06 16:10 | ふぢ #-URL編集 ]

@ねこさん♪
ありがとーございます♡ 今度お会いしたときに褒めていただいたりすると、赤くなってテレまくるの必死だと思います♪
でも、少年野球で大差ってのは珍しくないんですよ。。特に小さい子達だと、崩れだすと止まらないですから。。ぼこぼこ打たれて可哀想な時もありますが、こういうことを経験しながら強くなっていくんだよね、と星一徹を思い出しています。
こざるは、まだ身長も低いから、ストライクゾーンが小さくてピッチャーもやりづらそうです(笑)チョコチョコと短い足でフィールドを駆け巡るさまは笑えましたv-407

@けだまさん♪
はーーーーー なるほど!!
コレですべての謎が解けました!!ありがとうv-406
ワタシはまた、1926年に、ココに移住したCodyサンが、お金持ちになって、「1926年、わしらはココにスィート・ホームを構えたんだ。ジーロングありがとう」みたいな感謝の気持ちで看板作ったのかと。。汗
妄想が妄想に終わった瞬間でシタ。v-388 そーだよね、あれはどー見てもターゲットのマークだもんねエv-393
ダンナに早速教えよう(笑)
おかげさまでムネがすっきりしました!ありがとう♡

@ふぢさん♪
いや~~左団扇だといいんですけど、日本やアメリカのリトルリーグとはラベルが違いますからねー。
といいながら、ドライブ中に大邸宅見かけると、おい、こざる、大きくなったらあれ買って(プレッシャーに弱いこいぬにはこの手の文句は禁句・汗)
なんて言ってるバカ親ですが(・ε・)

>車で10分はもう隣の家くらい
車だとそうなんですがね。。まだ免許がないわが身、車がないとバスと歩きで1時間かかっちゃうんですよー。
バスが住宅地の中グリングリン巡回するもんで。。トホホ


No:828 2007/03/06 18:44 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

いい監督さんですね!
そしてよいチームに出会えてよかったですね♪
チームプレイって感動を分かち合えてまたいいですよね☆
スポーツを通してなら言葉の壁が乗り越えられそう。
それにしてもメルボルン景色すてきですね♪


No:829 2007/03/06 19:58 | あんらくてん #-URL[ 編集 ]

@あんらくてんさん♪
色々な手続きや医療など、テンポの違いにストレスもたまることも多いオーストラリア生活ですが、一番いいのが、人!あんらくてんさんもよくご存知だと思いますが、ほんとにオープンに受け入れてくれるんですよね。
なので、子供の学校でも、結構安心して入れちゃいました。

メルボルン、歴史なさそうで結構あるんですね、色々ステキな場所があって、いいですよ☆


No:830 2007/03/06 21:33 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

オーストラリアは野球が盛んなんですね、知りませんでした。
何事も上達の秘訣はよい師匠につく事ですよね!
スポーツを通して知り合った友達の絆って強くないですか?辛い事もある練習を一緒に乗り越えた仲間は一生の友達ですよね。

一枚目の写真・・・おじさんの表情がいいですね!


No:831 2007/03/07 06:56 | やまも #2wmrfcX.URL編集 ]

子供はやっぱり、コーチで伸びますね。ウチの娘のバトンのコーチも、どちらかというと、子供に合わせて、よいところを褒めて、伸ばすというタイプ。でも、他のコーチとか見ていると、ごり押しとか、スパルタとか、あるようで、ほんと、そんなコーチに当たらないでよかったと思います。男の子達、よくがんばりましたね。

公園のジャングルジムみたいな遊具、楽しそう。私は年甲斐もなく、こういうのが好きだから、一緒に登っていたかもしれないわー。


No:832 2007/03/07 14:59 | Cha Cha #o7yZsQF6URL編集 ]

感動実話ですねぇーーー!!!
こいぬちゃん&こざるちゃん、頑張ったーーー。
環境が変わって不安だっただろうに、親子で克服したんですね。
りおんさんもほっとしたことでしょう。
大好きなこと、子どもたちが続けられて、成果をだすことができて、本当に良かったですねv-218


No:833 2007/03/07 20:27 | JOSEPHINE #-URL[ 編集 ]

@やまもしゃん♪
やまもしゃ~ん、おかえり~~(ムギュ)
野球、あまり盛んじゃないのですが・汗
熱心な人たちは結構それでもいて、チームも州内に同じ年代のチームは25チームくらいかな。。まあ、試合が出来るだけでも(汗 いいですよね!!

おじさんの表情、いいでしょ?
いかついのにお目目が妙に愛らしくて(笑)

@Cha Chaさん♪
うちのヘッドコーチ、アメリカ出身で結婚でこちらに住み始めた人なんですけど、この人が主にU12の練習を見てくれました。彼は否定的なことは決して言わない。必ず、提案のように「こうしたらどうかな?」と指導してくれる。Cha Chaさんの娘さんも、バトンが楽しく練習で来てるようで良かったですね!! 考えてみれば、アメリカの学校でバトンって、花形ですよね☆ 楽しそう♪

@JOSEPHINEたん♪
野球に関しては、こっちで続けられるかさえあやふやだったので、今の状況にとても感謝してますねえ。。。
こっちのこどもはね、おおらかでとっても友好的なのよ。それはほんとに良かったと思うわ。あたたかいお言葉、アリガトね♪
ところで、こざる、赤ちゃんが大好き!!
東京に帰ったら、ボーイズも交えて、どこかでお会いできたら嬉しいな~~☆


No:834 2007/03/07 21:21 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

友好的かぁ・・・うちのちびすけ留学させたくなってきましたぁ!
きゃーー、りおんさんKIDSと初ご対面!!!楽しみにしてます!


No:841 2007/03/08 22:53 | JOSEPHINE #-URL[ 編集 ]

@JOSEPHINEたん♪
うんうん、留学、いいネーー!!
ホストファミリー任せて!(笑)
キッズも楽しみにしてるヨーーー
帰ったらまた連絡するね!


No:843 2007/03/09 19:45 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。