スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

移民として外国に暮らすこと

2007/04/22 22:06 

ふう~

何だかあわただしい一週間でした。

前回のポストでもちょっと触れた銃での惨劇2件、いまだに私の中でもやもやとあります。

そのほかにも、気が滅入るような日本のニュースもあったり。。。

バージニアの事件に関して
犯人は結局韓国人学生だ、と言うことで報道されたが
この犯人、小学校2年からアメリカで暮らし、永住権も持っているということなのに、やっぱり、アメリカ人ではなく、韓国人、なのね。

私は日本で年金もギブアップしてるし、多分こちらで永住権を持ち、将来はシチズンシップも取るかも知れない。

でも将来私が何か事件を起こしたら(そういう予定は今のところないですが・汗)、「オーストラリア人」ではなく、「日系人」と報道されるのかしら。
多分そうだろう、特に悪事を働いたとき、誰も自分の仲間とは言いたくないもんな。

最近とある掲示板で、特定の国の人が盗みを働いた「疑い」があるので、その国の人を信用できなくなった、というのを読んだ。

これ、多分無意識にいろんな人が取りがちなリアクションだよね。
私自身も、意識的にはそういう風に一括りにすることは危険だと思いながらも、気がつくと「この人はあの国出身だから」ととっさに計算してる。

今の日本は外から見たらどうだろう。
先月、イギリス人英会話教師が殺害された事件が数年前のルーシーさん事件の記憶を呼び起こし、イギリスでは日本を疑問視する報道が相次いだそうだ。それに今回の電車での暴行事件。日本ってPERVERTが大手を振ってまかり通る国?

アベ首相が慰安婦問題発言の反発を受けて謝罪をした。
慰安婦問題について、正直こちらに来るまであまり知識がなかった。
引っ越してきてしばらくした日に、髪の毛がどうにも荒れて仕方がなかったので、近所の美容院に行って切ってもらった。

その時に読んだ雑誌の中に、オランダ系オーストラリア人女性の記事があった。東南アジアの植民地に家族と移住生活中、第二次世界大戦が勃発し、進軍してきた日本軍により拉致され従軍慰安婦として数年過ごさなければならなくなった彼女の手記だった。

読み始めたけど、本を閉じたくなった。
女としてあまりにむごすぎる日々の記録がそこにあった。
日本人によって引き起こされた。。。

彼女にもし出会うことが会ったら私はどうするだろう。
もし私がそのとき仮にオーストラリア国籍を持っていたとしても、「私はもうオーストラリア人だから日本が引き起こしたことには関係ないわ」と感じれるだろうか。
私は、許してもらえないとしても、跪いて謝りたくなるかもしれない。
日本人以外のアジア人のふりをして知らん顔するかもしれない。
「あれは、日本の一仲介業者が引き起こしたことで、国や軍は把握してなかったことなのですよ」と受け売りするのかもしれない。
何を言ったとしても、それでも私は罪悪感を感じ続けているだろう。


以前、FIJIを旅したときも、現地の人から言われたことがある。
昔、日本人がここを戦場にして戦ったことがある。
現地人は随分ひどい目にあったけど、今は日本を許してるよと。

そのときは愚かにも、あまりその言葉に気を止めることなく過ごしたが、今になって強く思うのは、自分が戦争のことをあまりにも知らなすぎる、ということ。

今まで無関心だったということではない。
以前東京で高齢者デイ・ケア・センターのボランティアをしてたときも、戦争経験者の方々の話を聞くのが好きだったし、家族の話も良く聞いた。
しかし、当時の限られた情報の中で、ワンサイドの話を聞いても、真実は見えて来ない。

今週の水曜日はANZAC DAYという休日。
"Australian and New Zealand Army Cops"の頭文字をとって、AUとNZの連合軍が第一次世界大戦にトルコに上陸した日を記念して休日となったものだそうだ。

戦争を記念する日に私は移民という立場でここに生きている。
オーストラリア人になりきることに踏ん切りがつかず遠く故国を憂いながら。

在外選挙制度というシステムが出来、次回参議院選から小選挙区選挙やたの国政選挙に投票できるようになった。

前回の都知事選では、選挙日にもう住民票を抜く予定だったことから不在投票もできなくて悔しい思いをしたが、次回は参加できる。

やはり私はどこにいても日本に半分心を残したまま生活してるんだな。日本のイメージが堕ち、汚れていくのを見ると悲しいとおもう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

Melbourne daysComment(12)Trackback(0) | Top ▲

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:956 2007/04/23 13:11 | #[ 編集 ]

確かに

日本国外に出て、日本の戦後を実感し、また今まで気にも留めなかったことについて考えるようなりますね。
最近の日本のニュースは本当に心の痛いものばかりです。


No:957 2007/04/23 19:53 | ミツフィ #t50BOgd.URL編集 ]

本当にそうですよね。海外に移住したら、いろいろ考えさせられます。

記事の中に書かれてた、私達日本人は近代史、特に戦争のことを知らない、っていう事、それは私も感じました。
日本に住んでいる時は何も考えなかった事ですが、アメリカに住んで初めて、自分があまりに戦争で日本が他国にした事知らなくて、恥ずかしかったし、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

教科書問題ということで随分昔から議論されているけど、相変らず国民に事実を追教えようとしない姿勢は続いています。事実は事実として、きちんと子供達に教えるべきだと、私は思うのですが。

主人が同じドイツ人と言うこともあり、ドイツではきちんと戦争の事を学校で学びます。同じ敗戦国でも、ここがドイツと日本の大きな違いだと思います。沿いs手、きちんと謝罪し、今でもきちんと金銭的保証をしているそうです。

今、ワーホリや留学でオーストラリアに来ている若い人たちも、私達が感じた事、感じています。何十年経った今でも、きちんと教育しないという現実が続いているのだな~って思うと悲しくなります。

長々とコメント書いてごめんなさい。
今日書かれた記事は、まさしく私が日頃思ってた事だったので。


No:958 2007/04/24 10:27 | cherry #-URL編集 ]

教科書に戦争のこと載せると隣の国がうるさいからね。
そして今まで折れてきたからこんな弱腰になってしまったんだわ。
ドイツと比べるのはまた違うんじゃないかしら。
講和条約結んでないし(東西に分かれたからだけど)、すべてナチの所為にしてるところあるから。
日本も保障してるし、お金も出してる。でもそれが表に出ないだけ。
いつまでも謝り続け、お金を出し続ける。
そういうところが情けない。
と、ここで論争しても駄目よね( ̄∇ ̄;)ハハハ
こういう話題は人それぞれだわ。
一意見として聞いてくださいませ。


No:959 2007/04/24 16:12 | ふぢ #QutKSj/2URL編集 ]

@秘密のコメント様♪

ありがとうね、またメールします!


No:960 2007/04/24 21:37 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

@ミツフィさん♪

今日もルーシーさん事件の判決を聞いてあいた口がふさがりませんでした。。。
日本を離れて初めて耳にするような日本に関する情報(戦争関係以外でも)
が結構あるのに、びっくり。
勉強不足を痛感しております。。v-292


No:961 2007/04/24 21:46 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

@cherryさん♪

私のつたない呟きに共感いただいてありがとうございます!
まず、私もこちらで移民のためのプログラムに参加し、そこでイラクの元軍人の方や、インドの超読書家の人たちと知り合い、戦争時の日本のことに話が及び、「あれはこうだったよね、ああだったよね、」と聞かれても全く知識がなく、自分の無学さを恥ずかしく思ったものです。
特に日本がインドにまで侵攻していたことはぜんぜん知りませんでした。
なおも話を続けようとする彼に、友人のインド人女性が「過去のことなんだからもういいじゃない」と(多分たった一人の日本人の私を気遣って)話を遮ったのですが、今度折を見て尋ねてみようと思っています。
うちも連れ合いがcherryさんと同じドイツ人なので、ドイツの教育の話は良く聞きます。
私もせめて自分の子には、自分が聞いた戦争の話を伝えていくつもりです。
そのためにも、もっと知っておきたいと思いました。。


No:962 2007/04/24 22:15 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

長くなっちゃいますが。

今回のバージニアの件は「アジア人差別」って感じもします。だって、たとえば「アメリカ人」はもちろん「カナダ人」とか、「オーストラリア人」の白人の犯行だったら、「白人」を「こいつも怪しい」なんて眼で見る人は居ないと思うんですよ。アジア人は一寸見下されていますよね。未だに。「あの国出身だから・・・」と思われる。アメリカ人なら「個人の問題」と判断されちゃうんですよね。
それに、永住権を得たからと言って、簡単にその国の人にもなれないんですよね。3代住んだら江戸っ子って言葉がありますが、私はバルセロナでそれを感じました。国内移民ですら、親の代→カタランを話せない=よそ者、自分の代→カタランを理解するが話せない=やっぱりよそ者、子の代→カタランを理解する=やっと認められる。って感じです。フランコの独裁も大きく影響してますけど。親の代に国内移民してきたくまさんは未だに「自分もここでは外国人だ」と泣きそうな顔で言います。

そんな大それたこと・・・とは思いますが、「自分が日本を代表している」感、有りますよね。少なくとも自分の周りの人たちは私を基準に日本を判断しますから。「前に知ってた日本人がいい人たちだったから」と言う理由で私に親切にしてくれる人も居るし、自分ひとりの問題ではないのを日々感じます。
戦争に限らず、日本の宗教・天皇問題(スペインではお世継ぎ問題があるので日本の皇族に興味がある)・自然のこと・・・聞かれて困ることがしばしばです。勉強しないとな~と思う反面、自分のつたないスペイン語ではうまくニュアンスが説明できなくてイライラします。頑張らないと!


No:963 2007/04/24 22:21 | やまも #2wmrfcX.URL[ 編集 ]

@ふぢさん♪

そうですね、国のレベルでいえばいろいろと政治との兼ね合いがありストレートなアクションが出来ないのかもしれません。
以前アメリカ人と話してて、原爆の話になったとき、(9.11のあとでかなりみんなヒートアップしてたときだけど)、あれは戦争中のことで日本が悪かったのだから当然だ、みたいな言い方をされ憤慨したことがあります。
戦争だから、誰が悪いのだから、というのでなく、人として、ああいうことは今後二度と起きてほしくないよね、と思いました。
被爆者だけでなく、枯葉剤で一生苦しみながら生きている人、従軍慰安婦としてレイプされ続けながら生きなければならなかった人、特攻隊で亡くなった兵士たち、今回のイラク。。
国益のためにめぐりめぐって苦しまなければならなかった人たち。みんな弱者です。
ところで、日本って謝ってるんでしたっけ?私の浅薄な知識だと正式に謝罪したのは村山元首相だけ、だと思ってました。。。


No:964 2007/04/24 22:38 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

@やまもしゃん♪

わーい、やまもしゃん元気?
そうなの、日本じゃありえないけど、何となくアメリカやオーストラリアは移民の国だから、結構市民権取ったらその日から「アメリカ人よ~」とか「オージーよ~」なんて言えるのかと思ったらそうでもないのね。
そういえば私の学校の先生も「中華系マレーシア人がオーストラリアに移民した」人だから、彼女はオーストラリア人で、とはあまり形容されなくて、カッコ内の形容詞付きでいつも認識されてるなあ。
うちのダンナはオーストラリア生まれだけどドイツで学校行ったから英語にドイツ訛りがあって、初対面の人に必ず「あなたどこ出身?」と聞かれ、あとから「僕はオーストラリア人だ!」と自分に言い聞かせて(?)います。
そのバージニアの件に関して、犯人はつたない英語をバカにされいじめられて殻にこもってたというから、うちの男の子たちも状況的には陥るかもしれないポケットで、なので他人事とは思えないというか、気をつけとかないとな、と言葉による閉塞感を気にする母なのでした!というか、自分が一番気をつけろよな、時々QP相手に爆発してるし!ヤバ!!!


No:965 2007/04/24 22:54 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

戦争

本当に彼女(ジャン・ラフ・オハーン)の事を調べましたか?
当時の戦況を少しでも知ろうとしましたか?
彼女の本、都合の悪い部分は一切伏せられています。
あの時代、あの地にオランダ人がなぜいたのか考えたことはありますか?
2重の意味で戦争や歴史を知らない人が多すぎます。

この女史、調べれば調べるほど面白いですよ。


No:982 2007/04/29 00:10 | S #ZeOAy7kUURL[ 編集 ]

@Sさん♪

はじめまして。私のくだらない呟きにお返事いただきましてありがとうございます。
>2重の意味で戦争や歴史を知らない人が多すぎます。
そうですね、自分も自分の無知さを再認識してこの記事を書きました。
もっと歴史や戦争について勉強しなくちゃですよね。
忠告ありがとうございます。


No:983 2007/04/29 23:32 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。