スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

「明日 君がいない」

2007/07/07 21:04 

237.jpg

3月に日本に帰ったときに予告編を見て、絶対に見たいと思っていた映画でした。
やっとDVDを借りてきて観ました。
原題「2:37」

2006年、カンヌ国際映画祭にて衝撃を与え、17分間拍手が鳴りやまなかったという映画。
インドからの移民を両親に持つ撮影当時若干19才のオーストラリア青年がメガホンを取っています。しかも本作が初監督作品です。

ある高校のトイレで起こった自殺というショッキングな事件を冒頭に、6(7)人の生徒のインタビューを織り交ぜながら、それぞれの視点と時間が絡み合い苦脳を浮き彫りにしていきながら物語が進んでいきます。そして最後にはじめて「誰が自殺したのか」が明らかになります。

どの生徒も外側から見えない悩みを抱えています。勇気を出してカミングアウトしたために家族やクラスメイトから断絶感を感じドラッグにのめり込む生徒。先天的な障害のためにびっこをひき失禁をしてしまいみんなの笑われ物になっているイギリスからの転校生。
大好きな彼氏に一途になるあまり自分の頭の中の恋愛像と現実のギャップが受け入れられなく、不必要な嫉妬に苛まれる女生徒。
ゲイ、ドラッグ、親近相姦、病気、いじめ、恋愛のもつれ、エリートな親からのプレッシャー。さまざまな要素が悲しく胸に迫ってきます。

またインタビューでそれぞれが目を輝かせて夢を語ります。現実の苦悩とはうってかわった明るい目に、何とか頑張って欲しい、死なないで欲しい、といつの間にか願っている自分がいたりしました。

次第にそれぞれの苦悩が緊張の度を増し、誰が自殺してもおかしくないような状況にまで追いつめられます。
その中で一人の生徒が命を絶つ 




これ以上はネタバレになるので詳しくは書きませんが、どっしりと、終わったあとに考えさせられた映画でした。

通り過ぎる青春の苦悩。一人で背負うには大きすぎて、抱えながら叫びながら立ち止まりながらどこかへ行こうとする。閉塞感に喘ぎ、ギリギリだから周りを見渡す余裕もない。皮肉にも人を思いやる心を持ったものが皆を残して行ってしまった。。。

撮影は殆どアデレードの某大学で行われたようです。
映画の要所要所で挿入される青々とした木の葉とサティのピアノが平常に潜む淡々としたもの悲しさをよく表現していました。

「明日、君がいない」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

Movies in MelbourneComment(6)Trackback(0) | Top ▲

コメント

ハリウッドなんかのメインストリームの映画よりも
ヨーロッパの映画祭なんかで話題になった映画の
ほうが見たいものが多いのですが、ウチのまわりの
レンタルショップではなかなかないんですね~。
でも、この映画はオーストラリア映画ってことで
レンタルショップでもあるのですね。
カンヌ映画祭自体がこちらではあまり話題に
ならないのかしら?2006年に賞をとった
オーストラリア映画ってことですが、こっちに
住んでいても知らなかったです、この映画。

こういうところも、オーストラリアに住んでいると
フラストレーションの溜まることの一つだな~。


No:1222 2007/07/08 00:18 | ねこ #2sQQXnjAURL[ 編集 ]

@ねこさま♪

吉報!なんとこのDVDねこさんちの近くの○ロック○スターで借りました☆昨日ウチが返却したのでうまくすればあるかも。。。
今年のカンヌは知人の作品がオーストラリアから出品されて試写会見に行ったのですが、正直全くのCRAPで、大変がっかりしました。あれを考えると同じデビュー作品ですが19才で大変しっかりした組み立てをしていて、このムラーリ・K・タルリ監督はただものじゃないと感じさせます。

東京だと、例えばユーロスペース(今は場所変わったらしいが)とか、いつ行っても面白い映画やってる、みたいなところが、こっちにはなさそうですね。っていうか私が知らないだけかな?なので情報集めにはかなり苦労しちゃいますねv-406


No:1223 2007/07/08 10:30 | りおん #-URL[ 編集 ]

是非見てみたいです

りおんさん、こんばんは。
リオンさんの記事を読んで、絶対見てみたい映画の1つになりました。紹介してくれて下さってありがとう。
私もハリウッド映画より、ヨーロッパやオーストラリア、あるいはカナダの映画の方が好きです。日本でも話題になったんでしょうか?


No:1224 2007/07/08 23:33 | cherry #-URL編集 ]

もうすぐ

もうすぐMelbourne International Film Festivalが
開催されますよ~。
でも、英語の字幕なので、他の言語の場合、字幕を読むのが
大変で映像がじっくり見られなかったりする。(涙)

インディペンデントな映画館、どんどん閉館してるみたいですね。
Northcoteに古い映画館があって、そこでマイナーな映画を
やっててよく見に行ったのですが、去年ぐらいに改装しちゃって
改装後の上映作品は、メジャー映画ばかりになってしまった。
大手映画館(←っていうのか?)に買い取られちゃったのかな。
でも、まだまだ、何ヶ所かあります。インディペンデントやアートハウス系の
映画上映するところ。

知人が、外国映画専門のレンタルDVD屋さんを経営しているの
ですが、ここから車で20分。ふら~~っと立ち寄れないんですね。
わざわざDVDレンタルのため車を走らすのも・・・。
レンタル屋って近所にあってほしい。

でも、りおんさんが紹介してくれた映画、あそこの○ロック○スターに
あるんだったら、今度借りてこよう♪


No:1225 2007/07/09 09:39 | ねこ #2sQQXnjAURL[ 編集 ]

@cherryさま♪

3月に日本に帰国したときに、TVでCMやってたのを見て知りました。
ティーンエイジャーの親として見たいなと思ったんですが、結構重かった。。。
自殺問題が深刻な日本でも結構たくさんの人が見たんではないでしょうか。
是非ごらんになってみて下さい!


No:1226 2007/07/09 10:38 | りおん #-URL[ 編集 ]

@ねこさま♪

情報ありがとうございます☆
そーか、Nothcoteにそういう映画館があったのですね。
今はなくなってしまって残念!!
まさか、例の新しいショッピングセンターのシネコン、ミニシアター系も上映するとか。。。ないよね?(涙)
あそこだったら自転車で行けるから嬉しかったり(未だにこういう事言ってる)
車で20分かー。借りるときはあまり苦にならなくても、返却に行くのがめんどいかも(ナマケモノ)
でもいざというときに探せる場所があるのはイイデスよね♪
来月過ぎに落ち着いたら、そのインディペンデンド系、是非連れて行って下さい~♪


No:1227 2007/07/09 11:54 | りおん #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。