スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

エディット・ピアフ 愛の讃歌

2007/08/21 15:46 

ここのところ仕事続きでなかなかゆっくり出来なかったので、久しぶりにのんびりだんな様と映画でも見ようと、先日ねこさんからいただいたチケットを持って、ライゴンストリートまで行って参りました。ちょうど東京からこっちに引っ越してきて一年です。記念日デートになりました。ありがとうねこさん!!

さて映画です。
La Vie En Rose。。。邦題は「エディット・ピアフ 愛の讃歌」になるようです。
一言で言って。圧倒される映画でした。


フランス語に英語字幕で、時々読めないこともあったけど、ぐいぐい物語に引き込まれ最後はしばらく席を立つことが出来ませんでした。

この物語は表題の通り、愛の讃歌で有名なシャンソン歌手エディット・ピアフの一生を綴ったものです。
数多くの浮き名を流し、パリの当時の文化人たちとも深い交流があったピアフですが、そういう周辺事情は大胆に割愛されていて、彼女の生い立ちと、彼女の歌に大きな影響を与えた数人との関わりに的を絞っています。

ギリギリのところに立ちいつも歌ってきた彼女。最初の頃のあばずれで粗野、どことなく自信なげな表情から、彼女の生涯の恋に身を焦がす頃の美しさ、薬におぼれて体も心もぼろぼろになっていく老女のような表情。。。見事に、ピアフ自身が乗り移ったかのように演じきったマリオン・コティヤール。この人のことは全く知らなかったのだけど、圧倒的な演技でした。
まず、これが実際のピアフ


そしてこれがマリオン演じるピアフ
mome.jpg

晩年のコンサートの実際の画像
teaserpic.jpg

これがマリオン演じる老いたピアフ
big_03291549piaf3.jpg

マリオンはピアフの呼吸法から習得し、口パクが自然になるよう努力したそうです。
彼女、フェリーニの「道」の、ジェルソミーナ(Giulietta Masina)を思い出させました。何かを訴えるあの大きな瞳、愛に生きたところが共通していたのでしょうか。
とってもレトロなルックスだと思いきや、実際の彼女はこのような現代的な美女。
老女役に抵抗があったというのもうなずけます。(写真はクリックで大きくなります)
ScreenHunter_3.jpg

もう一つ思い出したのはベット・ミドラーのROSE.魂に訴えかける歌い手というのは、自分の魂を削っているものなのでしょうか。ピアフの死の直前、「水に流して(私は後悔しない)」という歌が回想場面と共に流れるとき、わたしは気持ちが高ぶって手の震えが止まりませんでした。

*歌詞
Non, rien de rien いいえ、ぜんぜん
Non, je ne regrette rien いいえ、わたしは後悔なんかしていない
Ni le bien qu'on m'a fait, ni le mal 人がわたしにした良いことも 悪いことも
Tout ça m'est bien égal 何もかもがどうでもいいこと
Non, rien de rien いいえ、ぜんぜん
Non, je ne regrette rien いいえ、わたしは後悔なんかしていない
C'est payé, balayé, oublié わたしは代償を払った、精算した、忘れた、
Je me fous du passé 過去なんて気にしない

Car ma vie わたしの人生も
Car mes joies わたしの喜びも
Aujourd'hui 今
Ça commence avec toi... あなたと一緒に始まる



ピアフがスズメ、というフランス語、というのも初めて知りました。これもなぜか日本のあの大歌手を彷彿とさせ、興味深かったです。

ピアフに興味がなくても、数々の映画祭で絶賛されたマリオンの壮絶とも言える演技と、ピアフの最初の後援者となったレプリーを演じるジェラール・ドパルデューの、彼女の才能を目の当たりにしたときの表情を見るだけでも価値のある映画だと思います。

公式サイト(日本)

最後にもう一度、鳥肌ものの感動のチャンスを与えてくれたねこさん、ありがとうございます!!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

Movies in MelbourneComment(13)Trackback(0) | Top ▲

コメント

はっ。
この映画の無料券もらったままで忘れてました。。。
よさそうですね!私も終わる前に行こうと思います。
リマンドしてもらって、感謝ですっ!


No:1291 2007/08/21 18:09 | けだま #mQop/nM.URL編集 ]

@けだまサン♪

おっ! 招待券お持ちでしたか!
それでは是非是非行かれて下さい!
けだまさんの感想も、読むの楽しみにしてますからっ!v-221


No:1292 2007/08/21 18:56 | りおん #-URL[ 編集 ]

頂き物のチケットでお恥ずかしいデス。
ホリデーに出るギリギリまで見に行くチャンスを狙っていたのに
結局行けず、メインストリームの映画ではないので、もらっても
困るかしら?と思いながら。
どなたかに行っていただけて、私も嬉しいです。ありがとう!

でも!私も、丁度、飛行機の中で観ることができたんですよ!
小さなスクリーンで音も悪い中、俳優陣の演技に
ずんずん引き込まれて、もう、人目も気にせず
映画の半分あたりから涙と鼻水でボロボロ。
夜中のフライトだったのでよかったけど。
りおんさんのブログで、主演女優の写真を見てビックリ!
別人だぁ!私も「道」のG・マシーナ、思い出しました。

あ、そうそう!飛行機の中で、その次に見たのが
「BLADES OF GLORY」 でした。うひゃひゃ。


No:1293 2007/08/21 20:13 | ねこ #2sQQXnjAURL[ 編集 ]

@ねこさま♪

よかったーーーー、飛行機で見れたんですね!!
時代がとびとびに交差していくし、登場人物についてあまり詳しい説明もないので、男性のルックスに疎いわたしなぞは、お、今のマネージャー?ダンナ?と戸惑いながら見てましたが、それでもほんとぐいぐい引力のある映画でした。

>「道」のG・マシーナ
ねこさんもそう感じたんですね、何だか嬉しい♪
あの映画も悲しい映画でしたよねー。

しかし
その後が
「BLADES OF GLORY」だったとわ!
人生って難しいですね(苦笑)

>主演女優の写真を見てビックリ
いやわたしも、彼女のこと全然知らなかったので、調べてみて目を疑いました。そして、「これはブログネタにするしかない」と(笑)
彼女の他の出演作も見てみたいものです☆


No:1294 2007/08/21 21:28 | りおん #-URL[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:1297 2007/08/22 22:51 | #[ 編集 ]

映画やっと行きました~。よかったです。
あと、TBさせてもらいました♪


No:1307 2007/09/08 02:49 | けだま #mQop/nM.URL編集 ]

@けだまサン♪

コメントの返信遅くなってごめんなさい!!
映画、良かったよねーーーv-406
リンク、いっぱい張ってくれてありがとうです!!


No:1308 2007/09/12 14:33 | りおん #-URL[ 編集 ]

1周年おめでとうございます!v-314
お友達の縁で素敵な映画に出会えたのですね。
私も何かでピアフの話を観た?事があります。
物凄いパワーを感じました。
私もその、100万分の1でも頂きたいわぁv-398
>呼吸法
今とっても苦労しているので、私も伝授してもらいたい・・・v-421


No:1309 2007/10/11 10:32 | タリア #-URL[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:1310 2007/10/16 22:08 | #[ 編集 ]

@タリアさま♪

コメントの返信がこんなに遅くなってしまいごめんなさい!
一周年、そうなんですね、長くも短くも感じられる一年、いろんな縁をいただき、いろんな感動をもらった一年でした。
呼吸法、私の喘息にもいいかも?


No:1311 2007/11/20 15:20 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

@秘密のコメント様♪

コメントありがとう!お元気そうでなにより!
すっかりネット離れしていてごめんなさい!また遊びに行きますネ☆


No:1312 2007/11/20 15:22 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:1313 2007/11/21 08:37 | #[ 編集 ]

@秘密のコメントさま♪

ありがとうございます!更新がんばりますv-356
また遊びに行きますね!!


No:1314 2007/11/22 16:18 | りおん #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。