スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

こいぬのアチーブメント②

2008/04/20 15:59 

からの続きです。

さて、中止で試合はなかったものの、もう現地へ到着してるので、旅費、宿泊費の返金はほとんどありません。
ほとんどの選手の家族は、子どもの晴れの舞台を見ようとそれぞれ現地入りしてたので、それまでの練習への行き帰りの交通費とか家族の旅費を加えると結構莫大な金額です。すべてパーです。

一人のお母さんが立ち上がりそこから大会再試合の段取りが進められました。スポンサーも見つけて、他州からの選手も参加できるよういろいろ奔走してくれたのです。
協会だけに任しておけば、多分「悪天候ではどうしようもない。申し訳ないが諦めてください」で済んでたんじゃないかな。ハハの愛、強し、です!

かくして再開催が決定したのですが、まさかのショートノーティス。4月半ばの試合が3月下旬に入ったところで確定。
会場は幸いメルボルンになったのですが、ウチからはシティをはさんで反対側の会場。片道1時間半掛かります。
またもや私の送迎不可な場所。QP,早速一週間の休みを取ってくれました。
こういうとき、いつも私がお願いする前に、ちゃんと手配してくれるのでほんとに感謝です!

思い起こせばこいぬが小学3年の終わり、友人に誘われて野球を始めました。私は野球に疎く、プロ野球なんかも見たことなかったし、できればサッカーとか、用意するものが少なくて(汗)ルールが判りやすいのやってくれたらいいナとか思ってたんですが、なんだか野球、やる気マンマンです。
もともと運動神経はいいほうだったので、なんと最初の試合でピッチャーに抜擢されてしまったのです。
だけど、悲しいかなルールが把握できておらず、監督から怒鳴られまくり。マウンド上で不覚にも涙を流してしまうという悲しいデビューになりました。

それから数年。こっちに来てから、エイゴでのコミュニケーションができなくて悔しい思いをしてたときに、救ってくれたのが野球でした。野球を通じて、たくさんのいい友達ができたのです。

大会再開催を進めてくれたお母さんも、その中の一人のおかあさんです。

話を元に戻すと、大会が決まったのはいいのですが、準備期間もほとんどなく、2-3回の練習で本番に臨むことになりました。
もともと、チームに在籍してるだけでラッキーな立場、本番で、悔し涙を流すことのないよう、それだけが望みの、ひくーい目標でスタートしましたが。。。

他のチーム、すごかった!
年齢で言えば、日本の中1.2年生にあたるエイジグループなのですが、「絶対コーチでしょ?」って感じの選手の多いこと!
ウチのチームも、最高身長182cmとかで、大きいなーって思いますが、顔を見るとまだやっぱりあどけないのよ。だけど、全国大会ともなると180cm以上ザラ、腰もしっかりしてるし、顔も、絶対にあれは大人だ!!!もう体格からしてスラッガー、って感じ。

他にも日本人の選手何人かいて、活躍されてましたよー。さすが、野球王国日本です。

で、7日間にわたったイベントの結果は、

最下位!!!

ひーっ

でも、最後の2試合、審判がひどかった!
ボールカウント忘れたり(手元にカウンター持ってるのに!)ストライクゾーンはメチャクチャだし。
明らかなアウトをセーフといったり。
まあコーチもそれが分かってたし、選手のせいの負けではないので、負けてもなんと言うか、すがすがしい負けでした。僅差だったし。

ところでこいぬですが、どこか「大きく振りかぶって」の主人公のように、ガラスの心臓でもあり、プレッシャーといかに戦うかっていうのも今回の課題だったわけです。

投げて打たれもしたけれど、今回、バッティングがんばりました!
打率0.571、5割7分で、大会95名中4位です!
あと、出塁率も7割2分で、大会2位です!
今までに経験したことのないプレッシャーの中、本当によくがんばったと思います。
多分、野球エリートの選手にとってはたいしたことのない数字だと思いますが、周りに左右されることなく自分の力を出す、という意味で彼にとっては大きな一歩だったと思います。
チームメイトとも、強い絆ができたし、本当にいい経験でした。
でも、これも、支えてくれるQPがいたからこそ、達成できたことでした。
寝不足の中連日5時半起きでがんばってくれたQP、それに答えようとがんばったこいぬ。
一家の絆も、またひとつ強くなった、そんな秋晴れの一日でした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 少年野球 - ジャンル : スポーツ

Baseball in MelbourneComment(6)Trackback(0) | Top ▲

コメント

いいお話・・

りおんさん、胸がジーンときました。
私は野球が全然わからないんだけど、野球に夢中になる気持ちはわかります。
ご主人の支えって有難いですよね。そういう風にして家族の絆が深められていって・・・。

それにしても個人的には凄い成績!
まだまだこれから先が楽しみですね。
にしても遠征費用$2500は痛いですよね。スポンサーが見つじかればいいのにね~。 

私は娘が大学に入って、一応子育も終わったので、なんだか子供と一緒に一喜一憂しているりおんさんがうらやましいです。いずれそうやって子供は巣立っていくんですけどね。
その後の野球の記事、またUPして下さいね。応援☆


No:1397 2008/04/20 16:56 | cherry #vfUJLHNQURL編集 ]

cherryさま☆

暖かいコメントありがとうございます!
私も野球ぜんぜん分からなくて、今も子どもに教えられながら覚えていってる、って感じなんですが、あの独特の連帯感が、いいです。

ウチは男の子二人とも野球やってるのですが、こういうイベントがあると毎回かなりの出費。いつかこちらでも野球がメジャーになって、協会がもっとお金持ちになってくれると、出費も小さくなるのかもしれませんが、その時は二人とも大人になってたりしてねv-388
子どもが巣立っていったら、保育ママさんみたいなの、やりたいなー。そのためには資格、とらなくちゃv-356


No:1398 2008/04/20 17:46 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

No title

すごいね、こいぬくん!!!
そして家族の絆。
出費はものすごくいたいと思うけど、
お金では買えないものが得られてよかったね。

ぽってぃんがバレエやってたときもすごい出費だったよ。
でも、それ以上に感動が大きかったからつづけられたんだと思う。

こいぬくん、よくがんばったね、すごい!!!
本当にお疲れさま、そして感動しました、ありがとう☆


No:1402 2008/04/27 15:20 | RiKiKi #JkKHpHngURL編集 ]

RiKiKiちゃん♪

バレエも、発表会のたびに、すごく費用掛かるよねー。
でも、それに向けてがんばる姿とか、緊張を乗り越えてパフォームする姿とか、見てるとこちらも報われるものがありますよね、いや、実際財政はきついのですが。。。マジ(苦笑)

やっぱ、好きでやってるってのが、がんばれる秘訣でしょうね。
大人でもそうだもんね。。

RiKiKiちゃんもフランス語や、カメラ、いろんなことにがんばってる姿をぽってぃんは見て育ってるから、いろいろがんばれてるんだと思う。今度は「演劇」って道で、きっと感動させてくれそう☆
暖かい言葉、ありがとう!!


No:1404 2008/04/28 09:32 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

頑張った!!!!

野球で結果をだせたことも、精神力も培うこともできて、本当に良かった。。。
そして、それが日本ではなくて、オーストラリアだってこともまた凄い。

こうやって、一歩一歩が大切なんだろうな。
たくさんのこと教えていただいてます!!!


No:1407 2008/04/29 23:58 | JOSEPHINE #-URL[ 編集 ]

JOSEPHINEたん♪

JOSEPHINEたん実際こいぬに会ったから、あのギクシャク加減(汗)お分かりかと思うけど、今も脱皮で、もがいてます。
特に思春期に突入する頃だし、今からが勝負なんだけど、目標が持ててよかったと思います。
楽じゃないけど、楽じゃなかったからこそ、何か達成できたとき余計嬉しいんだと思う。これからも気を抜かずがんばるよ~~~v-221


No:1410 2008/04/30 13:44 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。