スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

最悪の熱波 -メルボルン46.4度-

2009/02/08 20:51 

昨日は天気予報で43-44度になるというので、土曜日であったにもかかわらず早起きをしてみんなでミュージアムに涼みに行きました。
ミュージアムは改装中で普段の半分の展示しかなかったんですが、鳥肌が立つほど冷房が効いており(こんなに強くすることもないのに。。。)いつもの2倍の時間をかけ昆虫の標本など見学し(汗)、帰りに近くのショッピングセンターで買い物して帰ったのですが。。。

そのころには、メルボルン市街地で最高温度46.4度、ジーロングのほうだと47度を超えていたようでした。
メルボルンの気象観測史上最高温度を記録したようです。

その時間帯に外を歩いたときは、まるで四方をクーラーの室外機に囲まれながら歩いてる感じでした。高温に加え、風が強かったからです。

朝ミュージアムに行く道すがら、強風が先週の熱波の影響で枯れた街路樹を吹き上げるのを見て、とってもいやな感じがしました。これで火なんか起きたら、あっという間に燃え広がってしまう。。。

頭の中に「華氏451度」が思い浮かびます。もちろん紙が自然発火する温度にはほど多いけど、火のそばにいるような熱気の中を歩いていると、ほんとに気持ちが悪くなる。

うちに帰る途中の空、色のちょっと違う雲が広がってる。QPが、「あれは、火事の煙だ」と言いました。絵の具の「灰色」を、そのまま空に塗ったような色。それも、火元はそう遠くなさそう。

うちに帰ってニュースを見ると、うちの近くで山火事が起きてました。
うちのサバーブではないけど、野球友達はそこら辺に住んでるはず。
下の地図は、山火事の発生件数をリアルタイムでアップデイトしてくれるものの静止画像です。これは日曜日の午後のものだけど、一日たった今でもこの数の火事が発生中なのです。
(クリックすると拡大。炎の絵が現在延焼中のもの。他も、囲まれたり制御されたりしてるもののまだ燃えてる状態)

f924_1.jpg

今回は住宅地に近かったこともあり、今現在で76名の死亡が確認されたそうです。これはビクトリア州最悪の災害被害者数。重度のやけどで入院している人たちもいるので、悲しいことにこの数は今後も増える可能性があります。


打って変わって涼しくなった今日は、朝から野球の試合だったのですが、山火事の近くに住むチームメイトも無事姿を見せて一安心。

でも話を聞くと、本当に紙一重のところで助かったそう。
自宅より2kmのところまで火が迫っていたんだそうです。
大事なもの(家族の写真とかPCのハードディスクなど)を車に詰めて、避難の用意も出来ていたけど、出ようとしていたときに風向きが変わり、火の勢いが落ちたそうです。
でも、このクールチェンジが来るのがあと30分遅ければ、多分彼らのうちはもうなくなっていたよ、って言ってました。

こんな風の強い日の山火事は、走る速さより早く広がるので、何も考えずに逃げ出さないといけない、と言ってました。彼(チームメイトの父親)は、そこら辺の地域のカスタマーサービス担当なので、今回家をなくしたり逃げ遅れたりした人も多数知り合いだそうですが、命を落とした人は、家を守ろうとして、火に立ち向かった人たちだ、と言ってました。でも、家を守ろうとした人たちの、気持ちもわかりますよ。。。切ないです。

火事の様子を書いたAGEの記事(英文)です。
http://www.theage.com.au/national/death-toll-rises-from-bushfires-20090208-80jv.html?page=-1
学校もいくつか焼け落ちたそうです。
破壊された町の記事
http://au.news.yahoo.com/a/-/mp/5307027/township-marysville-vic-destroyed/
約3700人が避難しているそうですが、その避難所の中にいる女性が、夫と昨夜から会えてない、と心痛な表情で話していました。助けを求めて大やけどを負って駆け込んできた人を連れてそこに来た人もいました。

私は昨日の熱波だけで体調が崩れたのに、その上すべて失って避難生活を送るかたがたの心労、肉体的ダメージは計り知れません。

こちらに来て、地震がない、というのが本当に嬉しかったのですが、代わりに別の自然の脅威が潜んでいました。地球温暖化の影響をもろに受けているオーストラリア、今後も同じようなことの起こる可能性は非常に高いと思います。早急に対策を、考えて欲しいと思います。

ところで、鼻の話も途中だし、続きも書かなきゃ、と思っているのですが、明日から、資格取得のための学校が始まります。勉強をしないとついていけないといううわさが高いコースなので、人並み以下で一番最後尾を必死についていくことが必至の私でありますので、今後また更新がスローペースになるかと思います。コメント欄も、そこでのおしゃべりが大好きな私にとって非常につらいのですが、お返事を返す時間がどうも取れなさそうなので、しばらくお休みさせていただきます。
ブログをお持ちの方のところには、また遊びに行かせていただきますね。もし何かご質問だとか、ありましたら、メールフォームにてお送りいただけるとありがたいです。
出来るだけ早く(汗)お返事できるようにがんばります。

それでは、また。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

Melbourne daysTrackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。