スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

YELLOW GUM PARK ターコイズブルーの湖

2007/01/08 15:27 

皆さんは小さい頃何が好きでした?

私は小学校時代は「○年の科学」をずっと購読し岩石のサンプルや解剖セット(!)が宝物。
中学時代は星空を眺め古代の神話に思いを馳せ 本を読み漁り文芸部部長。
高校時代は地学部天文班に所属し、離島調査、天体写真、地質調査などに精を出しておりました。

まったくもって軟派な現在とは180度違う、NERD系(苦笑)

ファッション業界や音楽業界で仕事もしてたし、ずーっとそういう方面からは遠ざかってましたが、こちらで自然に触れ子供と博物館や科学館に行くうち、昔の好きだったことがむくむくと蘇ってまいりました。

今日はそんな遠い昔の夢に火をつけてくれた(汗 
YELLOW GUM PARKというところのご紹介。

これは先日ご紹介したBUNDOORA PARKよりさらに北に5~10分ほど車を走らせた山中にあります。
DSCN0664.jpg



写真はその中心にある、季節によって色を変える湖

真上から見たところです。
この山全体は、以前は個人の所有地で、夏には泳げるように売店やピクニック施設があり、QPも友達と良く泳ぎに行っていたそうです。その後、高い税金を課せられてやむなく国(州)有にされましたが、所有権が移ってから廃棄物処理場にするということで、この美しい土地はしばらく立ち入り禁止になっていたそうです。
それがいつの間にか公園となってまた入れるようになっていました。

まず、山の上にある駐車スペースに車を止め、細い山道をベルバードの澄んだ鳴き声を聞きながら湖の近くに下っていきます
DSCN0687.jpg


この穴は、ポッサムのお家だそう☆
DSCN0666.jpg


湖がいよいよ見えてきました
DSCN0686.jpg


真横から見ると、こんな感じです。
このページのトップの写真は、この崖の一番高いところから撮ったものです。すごく切り立ってるのに、こんなに木が生えて。。。生命力に感動
DSCN0679.jpg


この角度から見ると、一番色がきれいに見えました
DSCN0673.jpg


結構肌寒かったんだけど、泳いでる人もちらほら(右のほう、赤い人影が見えます?日向ぼっこしてるの)。
でも、この崖の傾斜を見て分かるように、すごーーーく深いんだって!
わたしゃ一生ここでは泳がないでしょう

見てください、堆積岩がほぼ垂直に立ってます!
この地殻変動時にココにいなくてよかった
DSCN0669.jpg


そしてココにも生命力の強い木が。頑張って上向きに生えています
DSCN0672.jpg


根もはみ出てるけど、負けないもん♪
DSCN0688.jpg


夕方は、カンガルーさんたちのミーティングポイントになるようです。動物園で撮ったんじゃないよ!
DSCN0661.jpg


夏の夕方、涼みに行くにはとってもいい場所です
YELLOW GUM PARK
Goldsworthy Lane, (off Yan Yean Road) VIC

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

Short trips in VICComment(3)Trackback(0) | Top ▲

コメント

早速素敵な写真のUPありがとうございます。
心に澄んだ風が通りました。何かものすごいパワーも感じて鳥肌が立ちました。

確かに子供を産んで、私ももう一度子供心がよみがえりました。
子供と一緒に、昔の自分にもう一度出会えた・・・というか。
産んでよかったと思える一瞬ですね。
自分の好きな物に心から共感してくれるのも子供だったりする。

ところで・・・。
カンガルーはこんなところにもいるのね。
私の実家は奈良なのですが、カンガルーは鹿のような手触りだと勝手に思い込んでいたようで、初めて触ったカンガルーの柔らかな感触を思い出しました。
それはそうと、カンガルーって悩ましげなポーズで休みますよね~。とっても色っぽかったりするv-402


No:589 2007/01/09 00:22 | syrinx #-URL編集 ]

オーストラリアって・・・

隆起の仕方が面白かったり、不思議が沢山あるんですよね~。
確かにこんな所に住んでいたら地理学者とかになりたくなるかも知れませんね。


No:593 2007/01/09 04:13 | やまも #2wmrfcX.URL編集 ]

コメントありがとうございます~~☆

@syrinxさん♪
光栄です、ありがとうございます。
>自分の好きな物に心から共感してくれるのも子供だったりする。
面白いですよね!
先日メルボルン博物館に家族で行ったんですが、長男にカメラを渡したら、やっぱり、鉱石の写真、取り捲ってました(200枚以上!)。
syrinxさんも、フルート、お子さんと趣味を共有してらっしゃるんですよね?
親として、自分の好きなものを同じように愛する子供を見るのは、なんとも嬉しいものです。
>カンガルー
触ったことないです!
羊みたいにふわふわなのかしら?
>悩ましげ
あ、分かります!両足を斜めに流して。。ウッフンv-344って感じですよね(笑)

@やまもたん♪
そーなの。子供もこっちに来てから石、とか、土、とかにいっぱい触れる機会出来たしね。乾燥した土地に、うまく雨を降らせる研究とか、太陽光をうまく生かした発電とか、研究して、金持ちに(爆)なってくれるといいんだけど、ね♪


No:596 2007/01/09 14:55 | りおん #8iCOsRG2URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。