スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

Organ Pipes National Park 巨大パイプオルガン岩

2007/01/10 20:50 

シティから北東(空港近く)に約20km行った所にある
Organ Pipes National Park
に行ってまいりました。
PICT0125.jpg

およそ100万年前の溶岩流(上の図の点々の箇所)が、渓流によって遮断され冷やされ、時間をかけて萎縮した露出面がパイプオルガンのパイプ部のようになっている岸壁を中心にした自然公園です。

こちらも、入り口は山の上。
駐車場の辺りにある見晴台から谷を見る(↓)
車を降りて、ピクニックゾーンでランチを食べ、なだらかな山道を歩いて下って行きます
PICT0115.jpg

山火事で樹皮が焼け落ち、白骨のように見える木の前で、幼木が養生されています。
PICT0121.jpg

しばらく歩くと、目の前に見事な岩壁が広がります。これが「オルガン・パイプス」!
PICT0123.jpg

溶岩を冷やした渓流沿いに、小道が作られています
PICT0126.jpg

万年水不足のメルボルンで、かつては溶岩も冷やした渓流は、いまや「せせらぎ」という言葉が似合う小川です。
PICT0127.jpg

Rosette Rock
同じようにして出来た、火山流が放射状に冷えた玄武岩の壁です。
PICT0131.jpg

ロゼッタ岩からさらに下流に歩くと、
Tessellated Pavement
PICT0132.jpg

市松模様に見える玄武岩の「舗道」
PICT0133.jpg

この辺では、火山岩とは別に、化石もよく発掘されるます。化石を含む堆積岩は、ここがおよそ4億年前、海低であったことを示しているそうです。

運がよければ、ポッサムやハリモグラなどの野生動物にも出会えるそう。のんびり、草木を見ながら山歩きしたい方にお勧め♪
メルボルン市街地に一番近い国立公園。
the Calder Highway 近く。(Melway map 3 D4)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

Short trips in VICComment(5)Trackback(0) | Top ▲

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:605 2007/01/11 01:57 | #[ 編集 ]

ブログ村で見かけました。すごく充実したブログですね。ランキングがんばってください! ぽちっと


No:606 2007/01/11 10:58 | もりた #-URL編集 ]

「何じゃこりゃ?」って
日本では絶対に見られない岩だね。
オーストラリアの自然って奥が深くて面白そう。
数億年前のものが見られるってそれも不思議。

いつも写真が充実してて楽しみです。
(私の写真アップはいつになることやら・・・・v-388
気長に待っててやってください)


No:607 2007/01/11 11:58 | 玉苑 #-URL[ 編集 ]

市街地近くにこんな素敵な公園があるなんて、やっぱメルボルンって素敵だ!
私は冬に行ったので、Mt.Buller(こんなつづりだっけ?)に行っただけで、どちらかというと、メルボルンって、ケアンズと違って、金融街とか大人の街っていうイメージがあったんだけど。凄い!
パイプオルガンってオルガン・パイプって綴るのね。
初めて知った・・・。
しかもハリモグラ!!!私大好きなんだ~v-398
4億年前の化石かぁ・・・。どんな種類の化石が出るのだろう?
オーストラリアでスキーをするならメルボルンということで、行ったのですが、他にも雪山がいくつかあった割には万年水不足なのはどうしてだろう?あまり水を含まない地質なのかなぁ?もともと雨が少なかったっけ?
素人な癖に好奇心の強い私は、ここにくると色んな疑問がふって沸きます。ケアンズの熱帯雨林探検も、ものすごく質問したかったのに英語力が皆無なので、主人に文句を言われたのでしたv-402
ここは日本語で書いてあるので、たのしいわぁ~v-266


No:608 2007/01/11 12:18 | syrinx #-URL[ 編集 ]

コメントありがとうございます~~~☆

@もりたさん♪
はじめまして☆ コメント&ポチ、ありがとうございました!励みになります!

@玉苑さん♪
オーストラリア、人も自然もダイナミックです。
時々ダイナミックすぎてついていけないところもあるけど。。。
いったいこの大地はいつどうやって出来たんだろうと、不思議な気持ちになります。
こんな大地と仲良く暮らしていたアボリジニ、メルボルンの土着の民族はほとんど残っていないみたいです。
古代からの伝承の神話(?)とか、残ってたら面白そう。
写真、えいってやっちゃえ、意外と簡単だよ!

@syrinxさん♪
空港もかなり郊外にあるので、この公園の回りはホントにどこまでが公園でどこまでが違うのか、判らないくらいだだっ広くて何もありませんi-229

>Mt.Buller
わー、行かれたんですね?
私はこの夏、出来ればその近くのBRIGHTという町に旅行に行きたかったのですが、今山火事が盛んに燃えているのがちょうどそのあたりなんで、取りやめにしたんですよ。。。
今もまだ燃え広がっているので、住民の方たちも気が気じゃないだろうな、と心配です
http://www.mtbuller.com.au/
メルボルン、確かに市街地はおしゃれでリッチな感じですが、一歩シティを踏み出すと、のどかな自然が広がってます。
>ハリモグラ
かっわいいですよねー。
一度山道で遭遇したことがあるんです。
バイクに乗せてもらってたんで、厚い手袋してたので、あまりにかわいくて触ってみました。
そしたら、身の危険を感じたのか、あせって穴を掘り出すんだけど、手が小さくて、遅いのよ!
多分あの針で、たいていの動物から身を守ることは出来るんだろうけど、慌てながら穴を掘るさまがかわいくて、慌てさせて申し訳ないと心で謝ってましたv-290
もともと雨は少ないようなんだけど、ここ数年は、エルニーニョの影響で強く乾燥した高温の風が吹き込んできているため、雨雲はあっても、実際強い雨を降らせるほどの水分を含んでないんですね。
その点も、山火事に勢いをつけている主な要因になっているようです。
>熱帯雨林探検
面白そう!
私はまだメルボルンしか経験してないので、いつか、いろんな壮大な自然に圧倒されに旅に出たいと思ってます♪


No:610 2007/01/11 20:57 | りおん #8iCOsRG2URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。